「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

巫女より◎人間とは・最後の審判・次元上昇とは◎



人間とは神様の分け御霊(みたま)であり、私達が生きる

この世界(3次元)は、それぞれの魂が神様に体という器を

お借りして、様々な霊格の魂と一緒に学ぶ修行の世界です。

世界は神様の言霊で創られ、神様の御意図(真理)と、

原因結果の法則で支配されていますので、言葉を大切にし、

素直に神に委ね、我と執着を取る事により、良き方向に

事が進みます。神経綸「最後の審判」と、次元上昇を越え、

新しい次元へ進む前に、1999年よりひふみともこさんに

神示が下ろされています。ひふみともこさんの4冊の本

「神から人へ(上・下)」 「神誥記」「続神誥記」とブログ

三輪山の巫女の「真理の御霊」のブログでも読むことが

出来ますので、言霊で宇宙を創った神様、神様の世界、

宇宙、地球、人類、言霊、真理、輪廻転生、人類を救う言霊

「いろは」「ひふみ」、最後の審判について学んでください。




 

大神神社 狭井神社 三輪の祈り(ひふみの祈り)
http://kukurihime.blog.jp/

 

神から人へ ◎一年生きても、百年生きても◎

 

神から人へ。神から人へ、教えしことのは。文字と光と力と業(わざ)を、

人は残らず果たすが大事。人の思いのつまらぬ葛藤、くだらぬ詮索、

疑い、迷い、全ては人の汚れと曇り。神のことばを聞く耳あらば、

人は迷わず導かれゆけ。神のことばの変わらぬ意味を、正しく、迷わず、

汲み取ればよし。人の最後の上昇の時。神にもわからぬその後のこと。

幾人残りて、幾人果つるか。なれどもそもまた人の責任。

己を救えぬ魂ならば、神にも救えぬ、自然法則。神の作りて定めし法則。

 

 

全ては狂わず、ただ進みゆく。時間の流れもその一つ。時間の長さは

意味無き基準。神の時間に終わりなければ。なれどこの世の時間は有限。

はじめと終わりの境もあるらん。なれど真(まこと)は、無限、永遠。

常に変わりて進みゆくなれ、後にも先にも順番なかり。

時は続きて絶え間のなければ、人は無限をただ生くるのみ。

時の瞬間、瞬間は、瞬間ならず、長さのあらず。ただその時を無限と

捉(とら)えよ。神の時間を、己のものに。

神には全てが今ならん。全ての時が現在なれば、過去も、未来も、今と

変わらず。神の時間を生き得るものは、不老の命を可能にせんもの。

 

 

時間の長さに意味のなし。人にはそれぞれの一年あり。人それぞれに

長さは異なる。一年生きても百年程の、多くの悟りを得る者あらん。

百年生きても、生まれしままにて、何の昇華(しょうげ)も果たさぬ者あり。

人にそれぞれ時間あり。時間を超えて、今を掴(つか)めよ。

今この時に全てを込めて、全身全霊傾け生きよ。無駄な思いは役にも

立たず。ただに信じて安らかに。よきことなさば、よきこと起こらん。

よきこと思わば、よく表れん。全ては己の想念一つ。祈りの高さと

強さによらん。神の願いをよく聞けよ。よく汲み取りて、神を手伝え。

 

 

今も昔も同じこの世よ。この世に伝えし神のことばよ。変わらぬ教えと、

真実なれば、人も改め、確かめ、生きよ。迷い、乱れは、人の常。

現象のみしか信じぬ愚(おろ)かさ。その奥にある真実を、神の真理を、

見えぬものなれ。なれど、悟りて、正しく見るは、必ず己の行い高めん。

物質のみに目を奪われて、心の奥底、魂の、汚れ曇りを増すことなかれ。

さらに磨きて、曇りを落とし、浄き魂、高めてくれよ。

さにて本日、そなたの迷い、心の不安を、察して教えし。この後多少の

不安もあらん。よく励まして、自ら越えよ。

この世の修行に意味あらばこそ、この世を生きて、しかと果たせよ。

神の心を信じ、委ねよ。己の最善、尽くすべし。先を案じず、後ろを見ず、

ただ今のみを、それのみを。悔み、悔いるに、何も変わらず。

ただ前を見て、行い決めよ。よく生き、思い、祈りて生きよ。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女 
「三輪の祈り・ひふみの祈り」 
http://kukurihime.blog.jp/

神から人へ ◎神と仏の違いについて◎

 

神から人へ、人から神へ。

神の願いの一部なりとも、人の叶えてゆく年月を、

いつしか必ず日は満ちて、神の願いも実現せんを。

さにて本日そなたの問いは。

 




(神様に感謝し、仏様に感謝せよとのおことばがありますが、

仏様とはどのようなお役の方なのでしょうか。神様とはどう

違うのでしょうか。また、仏教における仏様とは相容れない

ものなのでしょうか。また、もし並べてお呼するとき、

どのようにお呼びすればよいのでしょうか。)


さにて一度に多くの問いかな。なれば分けてそれぞれ答えん。

まず一つ、神も仏も、元は一つよ。人の世界の現象にて、

事象に示し、表すときの、表れ方の違いなり。

神は一つの大なる意思なり。そこに幾多の役割を込め、

一つ一つを現象として、この世に写す必要あり。

なれば仏も、神の願いを、人に写すための働き。

この世に始めに表れて、神の教えを説きぬれど、

人は誤解し、神と隔てて、異なるものと誤解せり。

なれど教えの根本には、互いに同じきことを教えし。

 

 

仏は人の姿となりて、人の世界に生きて死に、

人の化身と考えぬれど、神のご意志をそのまま説きて、

神の世界を広げんとせり。

人の世界に広まりて、仏教となる宗教なれど、教えは変わらず。

人の昇華と、人の生くべき根本教えし。なれば宗教宗派は誤り。

人の違いや区別を作りて、かえりて争い、いさかいの素。

よくよく学ばば奥にある、教えの真理は普遍ならずや。

なれば仏もお役は同じ。神のご意志を物質として、現象として

表して、人の目に見え、耳に聞き、理解に易き形とせること。



 

なれど人は過ちて、どちらが上で どちらが下かを、

飽くこともなく繰り返す。現象により測りなば、

人の尺度は間違いばかり。普遍の尺度もなきものを。

仏の呼び名も、人の世のこと。人が決めなばそれにてよからん。

呼ばれる元の実相は、同じ一つの聖なる神なり。

仏を呼ぶも、神を唱うも、一つに通じ、届きてゆくなり。

仏教信徒、そも可なり。キリスト教徒も同門なり。

全ては神につながりて、正しき道へと通じゆかん。

仏の生前ありし時には、仏も神を敬いて、神の存在実在を、

人へと伝え、広げしものなり。形は変わり、姿は違えど、

伝えし元は神なれば。

人の解釈、理解は変わりて、人の世界に合うように、

人の尺度に合わされしもの。

なれば仏を信ずる者は、神を信ずも同一なれど、

信ずる者は気づかぬのみ。宗教宗派に囚わるなかれ。

 

 

人の生まれて死ぬまでに、なすべきことは一つのみ。

道からはずれ、道に迷い、混迷多き世にあれば、

人はますます混乱せしを。一つの道に戻しなば、人は迷わず、

安らぎを得ん。多くに見えて、惑乱し、正しき道を見失い、

心の苦しみや悩みを増やし、さらに惑いの底へと落ちなん。

真実なるは一つのみ。なれど現象事象は多岐なり。

それぞれの時、所に応じて、真理は表れ人に示さん。

仏の呼び名にこだわるなかれ。仏を真に信じなば、

自ずと神へと通じゆくなり。神の世界にこだわるなかれ。

神の表われ、起こりなば、仏も神も同じこと。

 

 

人を差別し、隔てるなかれ。人は神の子、平等なれば。

気付き悟りし者のみが、誠の幸に恵まれん。

気づかず悩む哀れなものを、救い導く手伝いをせよ。

そもまた神への縁を深めて、人との絆もさらに強まり、

教えの光は早くに広がり、ますます栄えて豊かならん。

さにて本日、教えの奥義を答えしを。

教えの奥の神のご意図を、見抜く目を持ち、養えよ。

表面のみに目を奪われ、心を失うことを恐れよ。

さにて、本日、答を終えん。よくよく精進、努力を続けよ。

さにて。

 

 

 

 

神の声を伝える人 
ひふみともこさん著書 「続神誥記」より抜粋    
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/  

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女 
「三輪の祈り・ひふみの祈り」 
http://kukurihime.blog.jp/  

神から人へ ◎神の愛を心の目でみるべし◎

 

 

神から人へ、人から神へ。神の慈愛は巡り巡りて、天(あめ)から

大地(つち)へ、大海(わたつみ)へ、自然の織り成す生々流転、

神の恵みと溢れたり。神の慈愛は眼に見えぬ、自然の営み、

生成化育、全てに込められ、秘められたり。神の慈愛は全ての

ものを、豊かに富ませ、潤して、留まることなき時の流れに、

生まれる命も、亡ぶ命も、等しく神の愛を受け、神の願いに

外れるものは、一切なきを伝えたり。神の慈愛を知るは難し。

人はこの世の次元にて、神の慈愛を感じる少なし。

なれど御魂の奥底に、神の願いは刻まれたれば、神は人の

体を使い、心を使いて顕(あら)わしたり。

 

 

神の慈愛は、人を通して、人が人を愛する時に、神も共にて

愛したり。人への愛は、人のみならず。神も人の愛を介して、

神の無限の愛を示さる。人は神の願いを叶える、この世の次元の

具象物。森羅万象、全ての事物に、人は神の愛を知るべし。

隈なく照らす神の光を、人は心の目で見るべし。神はこの世を

愛するために、人を創りて、愛を興(おこ)せり。愛をこの世に

実現するには、この世に生き得(う)る命を要す。自然の中に

生きる全ては、神の慈愛のそのままなり。なれど、無償の利他愛

こそは、神の慈愛をこの世に叶える、最も神に近き愛なり。

無償の愛を施せる、輝く御魂よ地に満ちよ。人は一人を愛せば

よし。一人を愛することのうちに、人は神から愛を受けむ。

人へ与えし利他愛は、神の慈愛の証ならむ。己の内より溢れ

出(い)づ、無限の愛は、神の愛。人は己が愛するになし。

神の慈愛が己の中に、宿りて初めて、愛するなり。

尊き神の慈愛を受ける、清き器を用意せよ。清き器に神の

慈愛は、満たされ、溢れて、潤わさむ。一人ひとりが、器と

なれよ。穢れし器は、清め、磨けよ。清める術(すべ)は

言霊ならむ。

 

 

神の慈愛は光なり。神の慈愛は曇りなく、受ける器の人を

清めて、さらなる高みに昇華を許さむ。この世に命を預かりて、

肉体持ちて生れしは、ただひたすらに、神の慈愛を、この世に

映す、そのためのみ。己の小さき願望、欲望、その実現に心

奪われ、見失いしは、神との約束。神は人を愛するもの。

人は神を求めるもの。人の御魂は神の一部、宇宙の一部を成す

ものなれば、人は御魂の奥底にて、神への回帰を希求せるもの。

人の御魂の根源に、神の慈愛を呼び覚ませよ。人の自然は、

宇宙と一体。人は宇宙に願うもの。宇宙の願いと一体ならむと。

人が愛の心を持つ時、人は神の願いを生きる。人は神に祈る

もの。神の御魂に戻らむと。神の次元に昇らむと。

人の愛は、この世の次元。物質次元の愛なれど、神の慈愛を

実現せしとき、人は尊き導きを得む。神の慈愛に導かれよ。

神の慈愛に身を任せよ。心素直に、しなやかに、疑う心を

先ずは治めよ。さにて。

 

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「神から人へ(下)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪の祈り(ひふみの祈り)
http://kukurihime.blog.jp/

巫女より◎人間とは・最後の審判・次元上昇とは◎



人間とは神様の分け御霊(みたま)であり、私達が生きる

この世界(3次元)は、それぞれの魂が神様に体という器を

お借りして、様々な霊格の魂と一緒に学ぶ修行の世界です。

世界は神様の言霊で創られ、神様の御意図(真理)と、

原因結果の法則で支配されていますので、言葉を大切にし、

素直に神に委ね、我と執着を取る事により、良き方向に

事が進みます。神経綸「最後の審判」と、次元上昇を越え、

新しい次元へ進む前に、1999年よりひふみともこさんに

神示が下ろされています。ひふみともこさんの4冊の本

「神から人へ(上・下)」 「神誥記」「続神誥記」とブログ

三輪山の巫女の「真理の御霊」のブログでも読むことが

出来ますので、言霊で宇宙を創った神様、神様の世界、

宇宙、地球、人類、言霊、真理、輪廻転生、人類を救う言霊

「いろは」「ひふみ」、最後の審判について学んでください。




 

大神神社 狭井神社 三輪の祈り(ひふみの祈り)
http://kukurihime.blog.jp/

 

神から人へ ◎人間の結婚・子育てについて◎

  

 

(人間の結婚とは、いかなる意味があるのでしょうか。)   

結婚なるは、一人の者が、一人でなせぬ向上のため、

二人で共に成長せんと、自ら選びし相手と共に、

さらに大きな気づきを得、悟りを得るため、成すものなり。

なれば、結婚により、未熟な面を成長させ、

相手の内から学びを得て、互いが互いの成長の、

糧(かて)となりて支え合うため。

なればいかなる相手にても、人は不平を持つことなく、

すべてが己の鏡と思いて、相手に映る己の姿を、

見間違うなく、見誤るなく、相手の罪をば責めるなく、

全てを己の姿と省み、己を高めて、互いに進歩の

礎(いしずえ)となるべし。

 

 

子孫を残すは次なること。まずは己の進歩向上。

互いの成長、発達のため。それさえ成せぬに子は要らぬ。

かえりて子も汚す(けがす)べし。

未熟野蛮な人品に、子を与えるが間違いのもと。

なれど、間違い、誤り多く、この世に増えし子の不幸。

子をも正しく導けぬ。己の生をも正しく生きれぬ。

子供に歪み(ゆがみ)を押し付けて、苦しみあえぐが子の姿。

親の愛さえ知らずに育ち、心は衰え、萎縮して、

生の喜び、感謝も失い、人への恨み憎しみばかり。

さなる不幸の子らたちを、日々に増産、繰り返さん。

 

 

この世を明るく照らすは、人の感謝のことばがなくば、

いかに物金あふれるとも、暗き嘆き過ちの世ならん。

子供に真の笑顔なくば、この世に光は輝かず。

子供の笑顔、笑い声、無邪気な歓声、無垢なる瞳。

いつの時代も変わらぬものを、今の日本の社会には、

希少なものなり、稀なるものなり。

かくて滅びし子供の世界を、いかなる努力も厭わずに、

償い、補い、取り返すべし。

子供の世界は神の世界。最も近き神の世なり。

なれば、子供の不幸な世とは、神の住み得ぬ末世なり。 

神の喜び訪れる、汚れなき世を取り戻すべし。

心に計算、打算なく、人に尽くす幸せに満ち、

感謝のことばの交わさる世界。単純ならずや。

容易ならん。何の苦悩も深慮も要らず。

唯に素直に生かされて、自然を愛し、家族を愛しみ、

神に感謝を祈ればよし。

 

 

遠回りしては道に迷い、さらに深める迷妄の生。    
   
生きるを複雑困難にして、全てを苦しく、生き辛く、

八方塞がりの闇に落ち、さらに暗みにはまりゆく。

早くに気づき、目覚めなば、己の愚かもおかしきもの。

気づかぬ者の哀れを憐れみ、手を伸べらるるは幸いならん。

なれば、今の親なる者は、子にさえ手をば差し伸べられぬ、

己が愚妹の当人なれば。

今の結婚、夫婦の絆を、さらに高めて磨き合うべし。

好きか嫌いか、合うか合わぬか、さなる表面、瞬間の、

感情、相性、気分のみ。

己の半生、死ぬまでの、修行の伴侶なれ、

あだやおろかに軽んずことなく、深き意味を読み取れよ。

いかなることが起ころうと、別れることなく最後まで、

生を共にし、全うすべし。さなりて始めて御魂(みたま)は

磨かれ、一つの昇華(しょうげ)を許されなん。

己の勝手な都合や理由、神の前には通用せぬ。

ひとたび結ばれ、縁を持ちなば、別れることは許されず。

堅き決意と意思なくば、いかなる縁も同じこと。

離婚再婚、繰り返さん。

さなる結婚、夫婦なら、動物とても同じこと。

 

 

人に許さる結婚は、人なるがゆえの意味深きもの。

遊び心の結婚は、すべてこの世を汚すもとなり。

初めに神の在りし頃、この世は清く、乱れなく、

互いを愛し、敬いて、互いを己の師と仰ぎ、

互いを高め、己を戒め、共に感謝の生を営み、

子をも育み、愛しみ、睦む。さなる正しき夫婦の和あり。

男女の乱れはことばを乱し、生の連関、連鎖を狂わせ、

不幸の子らを増やせし。

男女の正しき結婚を、夫婦の意味を問い直し、

生の意味を悟るべし。

 

 

不幸の子らをまずは救えよ。不幸の子らを増やすなかれ。

他人の子とて我が子同様。他国の子にても他国にあらず。

戦に怯え、争いに泣き、恐怖の日々を生き抜きて、

人の不幸に目を向けるなく、やがては憎しみ、

報復せんと、復讐心をばつのらす子らよ。

地球の平和も子にあるなり。

不幸の子供は不幸を生み、再び不幸を繰り返すのみ。

今ある不幸の子供らを、平和な世界に生きさせよ。

敵と見方の対立なくし、全てが同じ人間なるを、

気づかせ、悟らせ、手を結ばん。

心のゆとりを甦らせよ。不幸な相手を思いやるべし。

全ての子らが、平和の内に住める世を、次なる世界の

目標とせよ。その第一歩が己の子なり。

隣の子なり。周りの子なり。

人の一人を変えるは難し。なれど、小さき子を救い、

豊かの心育むは、愛さえあれば易しからずや。

地道な努力、小さき一歩、さなる行為の蓄積が、

地球を救う始めとならん。

さにて本日、結婚の意味とこの大切さ、

一人がなせる方途を説きたり。

教えは変わらず、同じなれども、表し方は様々ならん。

人間全て、欠けたる生き物。

なれば、全てが助け合えよ。補い合えよ。仕え合えよ。

己のなせる形にて、一つ一つを実現さすべし。さにて。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/

神から人へ◎物質と金銭への執着を取れ◎

 

 

神から人へ。人から神へ。

互いの交信交流も、やがては全ての人々と、心を通じ、

魂にて、必ずつながり、結ばれなん。

その日、神との交信は、魂浄めし、高次の者なら、

よく伝わらん。交わらん。

なれど濁れる魂ならば、伝えることも伝わらず、

ただに空しき波動のみ。

或はまた、己の波長に合う者同士の、低く怪しき通信

ならん。よく心せよ。注意せよ。

低き波動に惑わさるるなよ。通信交信、危うきもの

なれ、よく磨かれし魂なりて、その後行い、

高めゆくべし。さにて、本日、問いは何なる。

 

 

(物質や金銭は、諸悪の根源でしょうか。

物質や金銭によって魂を浄めることは不可能なの

でしょうか)

さにあらず。物質、金銭、悪ならず。

人の心を貶むは、心の奥の我欲我執よ。

なれば心の清き者なら、物質金銭、悪ならず。

かえりて己の精進を、手伝うものなり。進める

ものなり。なれば悪を嫌うといいて、

物質金銭なくすに意味はなし。

人の肉体、物質なれば、物質なくば生は保てず。

なれば物質大切にせよ。物質愛し、感謝せよ。

なれど物質欲するのみにて、いくらありても

さらに求むる。さなる卑しき浅ましき、

我執の虜となるなかれ。

 

 

人は己の生を維持する、わずかのゆとりに満足し

ささやかな富を歓べよ。ただいたずらに物質増やし

独占するは我欲の奴隷。感謝もなくば喜びもなし。

ただ所有して、使いもせずに、資源を無駄にし、

環境壊す。さなる物質文明は、やがて滅びん。

壊滅せん。

今の誤り、狂いの素は、物質のみの価値判断。

物質なきは軽んじる。物質 所詮は道具なり。

利用し使うことにより、始めて価値を発揮せん。

持つことのみには価値もなし。 

 


なれど今の世、腐敗と退廃。物に使われ、心を

滅ぼし。神の望みは、感謝と喜び。

なれど金持ち、資産家たちは、感謝もなくて、

不足のみ。何故持つや。欲しがるや。

さらに増やして、何を得ん。

権力、名誉、地位、武力。やがては招かん。

戦争、滅亡。物質金銭、悪ならず。

なれど心の浄めのなくば、いつか人は自滅せん。

 


物質によりて魂磨く。そが生かさるることの意味。

人の生のある由縁ならずや。

魂のみの修行なら、想念ばかりで、悟りは難し。

なれど物質ある故に、喜び、満足、幸を知らん。

悟りも早く、感謝も易し。 肉体、持ちて、

感覚を得て、五感の満ち足る喜びを知る。

なれば感謝の意味も悟らん。

さにて感謝と優しさを、生あるうちに育みて、

魂浄めて帰るを待たん。

 


なれど今の世、現界は、感謝忘れし低次の世なり。

いずれは自ら滅びなん。なれど神の慈愛と情けよ。

救いてやりたし、気付かせたしと、この数年の、

警告戒告。

意味を汲み取り、目覚めよ、今こそ。

今を逃さば、全ては終わりぬ。さほどに危機は

迫りたり。今の荒みし人心と汚染破壊の自然環境。

増えゆくばかりの極悪犯罪。残虐凄惨極まれり。

世も末ならん。地獄と化せり。

人の正しき判断も、今の大方、望むも虚し。

低き方へと流されゆかん。互いに相手を傷つけ、

汚さん。

救いの教えも導きも、かえりて嘲笑、嘲られ。

悲しき世なり。光も消えん。

 

 

神の心に、希望はあらず。ただ嘆きのみ。

絶望ばかり。人の最期の努力に託さん。

今のままには救う能わず。救いてやりても同じこと。

人自らが改悛せずは、幾度救えど、繰り返さん。

真の賢者のことばを聞けよ。

愚かな学者に政治家たち、魂抜けし宗教家たち。

真の光を見出せよ。喜び輝く栄光手にせよ。

真の愛を手に入れたくば、自ら輝き光を放てよ。

人の愛のみ求むるになく、自ら与えて、投げ出せよ。

さにて磨かれ、曇りを落とし、汚れを祓わば、

光は増さん。内なる栄光、授からん。

 


人への献身。神への帰依。感謝と満ち足る豊かな心。

そのみが真の富ならん。物質にては適わぬ豊かさ。

なれど物質、そがあることより感謝の念も深まらん。

悪の元なる心の奥の、我欲我執に囚わるるなよ。

魂の扉を開きなば、光の続く道は拓けん。

光の道を歩めよ、子らよ。

迷える道の光に従い、素直になりて、執着離れ、

安らかなるまま、委ねるべけれ。

 

 


(神様の喜ばれるお金の使い方についてお教え

下さい)

では教えん。金は本来 神に捧げる、尊き真心、

忠誠心、帰依の心を示すためなり。

なれど人は誤りて、勝手な欲望、願望募らせ、

ただ己のみ、我欲のために、物を手に入れ、

増やすため、使うになくて、逆に使われ。

なれば人は道具をあやまち、自ら心を失いぬるを。

神へ捧げる真心を、金に奪われ、支配されぬる。

なれば、神は、心を失い、奴隷となりし哀れな

民を、救い、拾いて、 気付かせんため、

厳しき禊ぎを与えられき。なれど気付かず、

煩悩深め、かえりて増す執着迷妄。

 


真の富を知りも得せずに、つまらぬ物質財産に、

目をくらませし、世紀末。価値の判断、基準は

狂いぬ。

神の基準を遠ざかり、さらに狂いは進み行くのみ。

このまま乱れの正されざらば、この世は永久に

救われもせず。神の基準を手に入れよ。

さすれば必ず、正しく使わん。

神の喜ぶ金の使用は、己の欲望満たすになく、

人の幸せ増させるために、見返り報酬求むること

なく、人に捧げる思いやり。

さなる金銭、使いなば、神は喜び、さらに与えん。

なれど己の欲のため、己の所有、財産のため

人に与えること惜しみ、与えらるるをのみ望むは、

神は嫌いて、禊がんとさる。

気付けよ、金銭、物質の、儚さ、脆さ、危うさを。

やがては闘い、奪い合い。 目に見ゆ物には、

限りあらん。いつか必ず、限られし、物質資源の

取り合いならん。

 

 
人より多く、人より広く、地上を支配し、

独占せんと、愚かな考え、浅はかならずや。

地上の富に価値ありや。死して帰らん世界には、

物質金銭、役にも立たず。

なれば御霊を浄めんことをば、先ずは第一、

優先させよ。さなる基準に照らしなば、

自ずと分からん、正しき利用。神の喜ぶ使い方。

 

 


(金は本来神に捧げる心を表すためのものと

おっしゃいましたが、それはどういう意味なので

しょうか)

そは、始めのあり方。根本なり。金とはもともと

流通のため、人の公益、商業のため。

なれど真はさにあらず。

金とは本来、神へ供える、最も尊き心の表れ。

神社の賽銭、その名残なり。

金は納めて、神への感謝を、己の誠を捧げる証し。

なれば金銭物質を、人が占有、独占するは、

神への反逆、謀反と変わらず。

神より金銭尊ぶなれば、神への帰依とはほど遠し。

金銭ならずも、全ての物質、自然の富は、神の恵み。

人が平等、公平に、分かち合うこそ、神の本意なれ。

なれば少しの感謝も表し、神に示せよ、誠の献身。

お金を神と崇める逆行。神を信じぬ、狂いし信仰。

神の喜ぶ金のあり方、そは執着を取るために、

自ら禊ぐ者のみ可ならん。

執着深め、囚われ強め、ついには金の僕となり果つ。

さなる金銭、物質信仰、今の世界の未来を恐れよ。

 

 


(執着を取るような金銭の使い方とは、どのような

使い方でしょうか)

先ずは他人の喜び願い、人の不幸を救いてやれよ。

さなれど戒め、心せよ。

いかなるときにも、求むるなかれ。

物質金銭、見返りを。なれば心の囚われ外れ、

金銭使う真の喜び、金に換え得ぬ満足を得ん。

金銭離れて、執着も消え、心の束縛、呪縛も解けん。

さなりて心は自由とならん。

思い残すもなくなりて、真の価値の基準を手にせん。

人の心が立ち直りしとき、価値の基準が正されしとき、

人の心は神へと近づき、 自ずと行い、思いの全てが、

正しき方へと導かれなん。ことばも祈りも高まらん。

自ずと感謝も深まらん。さなる金銭、物質なれよ。

神の望まる あり方なれば。

 

 


(人に与えることが、その人の禊ぎを邪魔すること

にはなりませんか)

そもまたあらん。邪魔ともならん。なれど根本、

大本忘れるな。人の禊ぎは自分の禊ぎ。

人のみ禊がれ、苦しむになし。

自分も共に苦を分かつこと、そもまた己の禊ぎと

ならん。禊ぎは一人のものならず。

全ての人を禊ぐなれば、共に禊がれ高まらばよし。

救われし人も、感謝を高め、禊ぎも軽く清まり

ゆかん。なれば恐れず案ずるなかれ。

神の許さぬ恵みはなからん。

なれど金のみ頼るなよ。 金にて救わる限界知れよ。

金が救いの全てにあらず。ことばや祈りも、救いと

なるを。最も尊き救いとは、感謝を目覚ませ神に

気付かせ、この世に生きる真の意味を、

知れせてやること教えてやること。

なればあやまち、誤るなかれ。いつか陥る金銭信仰。

金の手軽さ、便利さに、頼りしことの、長年の罪。

よくよく禊げよ。賢く使えよ。反省忘れず、常に

正せよ。さにて。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「神から人へ(下)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/
 
大神神社 狭井神社 三輪山の巫女 
「三輪の祈り・ひふみの祈り」 
http://kukurihime.blog.jp/