読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎テロ・戦争・殺戮・破壊について◎

 

 

神から人へ、人から神へ。多くの人の役に立つ、教えを乞いて、

人にも知らせよ。知らずに過ごす世の人々の、迷妄愚妹を

晴らすべし。そにて賜る神の恩寵、慈愛を受け取れよ。

神の慈愛はさらにも深く、心の底まで染みゆきて、御魂の、

深奥までも、慈愛の光で照らしなん。神の慈愛を知らずして、

あの世に帰る不幸せを、憐(あわれ)み、悲しみ、嘆くべし。

人に広げて、残る地もなく、地球全てを覆うべし。

神の栄光、祝福を、今より準備し待ち受けよ。近くに控えて

今や遅しと、待ちわび見守る多くの神々、神霊たちの期待を

背に受け、己のなせる全てを尽くせ。神は早くに準備を整え、

今は気づきを待つのみ。人の目覚めと真の悟り。向上進歩を

己に課して、昇華(しょうげ)にいそしむ霊の満ちぬる、

光溢れる時を待たん。時の流れと人の進歩と、互いに前後し

進みゆかん。時の流れに取り残されぬよう、乗り遅れぬよう、

昇華に励めよ。 

 

 

時はいよいよ厳しき世となり、己の禊(みそ)ぎとなりて、

さらにも辛き禊ぎとならん。なれば、人は遅れるなく、

神の求める厳しき行をも、喜び、甘受し、感謝を捧げよ。

己の汚(けが)れを落としゆきつつ、御魂の波動を高めあげ、

地球の波動に共振し、地球と共なる運命に組せよ。

人間のみの進化にあらず。地球と共なる進化なり。

宇宙と一体、地球と同体、自然と同化し、調和せよ。

地球の一隅、隅々までも、光の届き、浄め上げなん。

自然の衰え、荒廃も、光の波動で力を与えん。神の

次なる世界には、新しき命を賜りて、さらにも高き波動と

なりて、この世を再び創り直さん。今のこの世の地球と

異なる、思いも及ばぬ世とならん。

なれば今の世、この世の者よ、恐ることなく、悪びれる

なく、素直に神と対峙して、己のみ役を賜れよ。望まば、

必ず与えられん。さてもかしこき、ありがたき役。

御魂に見合う、己に適う、過不足のなき、最適の役。

神は量りて誤ることなく、それぞれに課さん、神のお役を。

 

 

(戦争やテロについて) 

人の犯せる数々の、あやまち、罪の最も重き、野蛮さ、

愚(おろ)かさの、最たるものが テロ、戦争、殺戮、脅迫、

拷問。大義の下に殺戮、破壊。許さる訳なく、救わること

なし。永久に御魂に傷をつけて、自ら癒せる贖(あがな)い

なし。この世に生まれてなすべきことを、なし終える前に

殺されし、無念の思いは晴れることなく、終生迷いて、

さまよわん。テロの多き今世よ。多くの犠牲を払い、

人の学ぶはいかばかり。全てが人の魂を、最も汚す行い

なれば、神の与えし魂を犯し汚して、気づきもせずに、

罪の上塗り、積み重ねなり。神の願いに最も遠く、最も

最悪な罪。人は人にて、神にあらず。神の御霊(みたま)を

与えども、数々の不足、欠如あるもの。

なれば人はこの世にて、御霊を磨きて神に近づく、その

ためにある現世なり。他人の行を侵して、修行の邪魔を

せし者は、消し得ぬ罪を残せしもの。他人の御霊の自由を

縛り、御霊の向上進化を妨げ、恐怖不安に陥れる罪。

さなる行為は許されず。人の御霊を苦しめ殺(あや)め、

人の尊厳、命を貶(おとし)め、人たるゆえんを迫害せん

もの。なればそれらの罪科は、再び再生するにあたわず。

浄めて浄めず、禊ぎて禊げず。この世の果てに閉じ込め

られなん。全て神の心に背く、罪深き罪、重き罪。

 

 

人は恐れず屈せずに、平和のための祈りを高めるべし。

日本の果たす役割は、軍隊派遣便乗せず、協調共和の路線を

貫き、血を流すなく、流さるるなく、平和を訴え働くべし。

同じ戦地に立たされなば、必ず流血、混乱招かん。日本は

かつて神に誓いし。この世の立て替え、立て直さんと。

なれば日本の姿勢を世界に示し、テロの虚しさ、愚かさを、

失うものの大きさを、世界の民にも伝えるべきなり。

血で血を洗う繰り返し。絶えることなき殺人殺戮。

飽きることなく、改まるなく。何を学びて、何を伝えん。

価値あるものの破壊と、尊き命の代償は、恐怖と支配の

渦巻く世なり。なれども人は屈するなかれ。この世に

生きて御霊を磨き、神に許され死ぬ生ならば、早し遅しに

こだわるなかれ。永らえ生きて役目を果たし、滞りなく、

務めを終えよ。そのためなれば、この世の命は。

命の終わりは必然なり。偶然なるは一つもなし。死すべき

時は神のみぞ知る。なれば不安を持つも無駄なり。

泰然自若と死を受け入れよ。死を与えらるるも恵みなり。

病も貧も災いも、神の与えし愛なれば、全てに感謝の思いを

持ちて、生きることへの一途の感謝を。

 

 

この世の出会い、別れ、再会。神の仕組みの巧(うま)さに、

気づき、感謝し、喜ぶべし。人一人一人の運命は、全て

人との出会いにあらん。人との出会いの奥底の、神の

ご意図を読み取りなば、必ず人は敬虔なる、神への信を

高めなん。流れを定め、勢いを変え、自ら選ぶが人生なり。

人との出会いに何を学ぶか、それにて人の生は変わらん。

死までの短き時の間に、出会う人から多くを得、多くを

学び、多くを与えよ。与えるほどに豊かに富みて、

輝く光は増し増さん。全ては神の経論(けいりん)のまま、

無駄なく進みて滞りなし。人になしうることの小さく、

儚(はかな)き定めに終わるを悟りて、神の示せし最善の

生を送らばよからん。他人の行の邪魔をせず、神の道から

離れずに、人の道をば進めいけよ。  日々に祈りて波動を

送り、天に届けて結果を待て。 

 

 

一人の祈りは万人の、波動を整え高め得ん。無駄なる祈りは

一つもなし。さらに早まり広がるように、神への信を貫く

のみ。神は見届け見守るなり。

神を信じきれるか、疑い迷いて信じきれぬか。全ては己の

思いの中に、答えは心の内に。全ては神の意図のまま、

経綸成就の顕(あらわ)れなれば、恐れ不安は持つなかれ。

何度も伝えしことなれど、神の許さぬことは起こらず。

全てが宇宙の法則のまま。真理のうちに進みてゆかん。

なれば人は迷いなく、見極める目を養いて、現象事象に

踊らされず、地に足を付け見通せよ。いつかはたどり着く、

新しき世の始まりを、あわてることなく準備せよ。

地道に整え、怠りなく、周到なまでに用意して、後は

神に任せて待てよ。最後の段階、仕上げなり。さらにも

引き締め、浮き足立たず、最後の一歩を踏み出せよ。

さにて仕組みは完遂せん。新しき世は明けん。さにて

本日、しかと人に託せしぞ。伝えしことをよくかみしめ、

御魂に入れよ。肚に納めよ。さにて。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書「神誥記」「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

神から人へ ◎心失い、魂汚して何を得ん◎

 

 

神から人へ。神から人へ、伝えんと、教えんとせしことの

多くを、今早忘れられ、見捨てられ、人の多くは過去のこと、

過ぎ去りしことを振り返らず、ただ己の前のみを、

先のことのみ慮(おもんばか)る。なれば、人は過去から未来へ、

残し伝えることもなく、自ら学びて得ることもなく、

同じ過ち繰り返し、返りて罪を深めゆくなり。何ゆえ多くの

過去からの、財産、知恵を大切にせぬ。新しきことのみ目を

奪われて、古人の知恵や、教義信仰、学ぶるに足ることの

多けれ。古きを捨てて今をのみ、新しきのみ求むれば、

やがては忘れられ、衰えん。昔のことばの、神への祈り。

神の存在疑う心は、神を卑しめ、貶(おとし)めん。

 

 

神は、人を救わんことを、願い導くものなれど、人の真の

祈りのなくば、神の思いも届き得ず。神の願いも叶い得ず。

ただ残るらん、空しき思い。  やがては神もあきらめて、

人の改心待ちたれど、人の気付くは尚難く、さらなる過ち

繰り返さん。人は心を忘れぬる。神を思い、人を思い、

平和を思い、愛を思う。家族の幸せ、世界の繁栄、文明の富、

文化の発展。全てを望み、祈る心を忘れて、望むは物のみの、

目に見え、形に触れる物。形に見えず、手に触れず、心や

思いで感じることは、人の内から衰えて、昔の人の敏感さ、

昔の人の敬虔さ、さなる心の豊かさを、取り戻し得ず、

今は戻らず。人は心を失いて、魂汚して何を得ん。

今の世のみの繁栄か。泡のごときの名声名誉か。いずれも

儚く移ろいて、やがては朽ちる花の如。一度得てもすぐに

消え、満たされぬ思いをいかにせん。

 

 

真の富をなぜ求めぬ。何ゆえ、儚き一瞬の、雲の如きに

移ろい変わる、刹那の夢のみ追い求むる。虹の下には何が

あらん。虹を求めて歩めども、虹は瞬時に消えて失せなん。

なれども求めてさまよう者の、愚かに哀れなこの世の生よ。

哀れみ愛しみ気づかせんと、すれども人の愚かは深まる。 

なれば気づけよ、悟れよと、親の心で諭せども、届かぬ

人の心の遠さよ。親の心は神の御心。神の心を思え、

我が子よ。一人生まれて育つにあらず。命を魂を、肉体を、

いただき賜(たまわ)り授かりて、ようやくにして

生きながらえるを。勝手のわがまま、我欲に目覚め、

親のことばも聞こえずなりぬる。親のことばも通じずに、

人のことばを乱用、悪用、汚れし思いや欲望のみを、表す

ためのことばなり。 

 

 

神から人への思いも言葉も、今移ろいて変わり果てん。

かつての慈愛も、深き情けも、今は嘆きと悲しみ。人を

救いて導きたく、迷いを覚まして甦らせたく、祈る心を、

なぜ気付かぬ。人の心は悲しく貧しく、心の富も豊かさも、

何も持たざる無一物。あの世に帰りて神に裁かれ、

質(ただ)され問われて何と答えんか。残し持ちゆく富も

なければ、清く磨きし魂もなく、汚し疲れた心と魂、

それのみ差し出し、神に見せんか。神に許され認めらるる

よう、少しも残すな、汚れと曇り。富もなからば、致し方

なし。なれど残すな、見するな、汚れ。生きて素直に正直に、

真摯(しんし)に向き合え、日々の行。

全てが己の鍛えとて、怠(おこた)る心を戒(いまし)め、

諌(いさ)め、神に仕える心を高めよ。全ての富を手に入れよ。

喜び、嬉しさ、楽しさ、優しさ、豊かさ、安らぎ、いたわり、

ゆとり。あの世に持ちて帰りなば、神は歓び迎えなん。

この世の行の成就を祝い、魂愛でて、昇華を許さん。

なればこそ、神の心を思え、我が子よ。遠き無縁の世界に

あらず。過去の因習、迷信ならず。謙虚に虚心担懐に、

耳をすませば聞こえなん。心の内の魂なり。そなたを導き

救わんと、過去よりつながる魂なり。己の内なる魂を、

目を覚ませ、放ちて、自由を与えよ。己の常識、世間の

通念、さなるとらわれ、束縛捨てよ。

 

 

科学や物質、計算のみで、全てを説明、解明せんと、

己を騙(だま)し、眩(くら)ますなかれ。いずれは障害障壁に、

ぶつかり、止められ、遮られん。人知の浅さ、狭さなれ。

人の能力、有限なれば、無限はわからず、測り得ず。

さにても遅き進歩なり。人の歴史の何億年、さにても

わからぬ、悟り得ぬ。 最も身近な自然、生命、命の誕生、

死後の世界。何もわからず、わかろうとせぬ。この先何千、

何万年、生きてもわからず、迷うらん。人の学問、知識に

頼るな。所詮は人の作りし妄想。真実真理は他にあり。

神の神知に訪ねざらば、解き明かせぬが、真理なり。

この世を創り、この世を動かし、この世を富ませ、

発展させる。全ては神の栄知なり。神の御心、経綸次第の、

この世の仕組みと宇宙の運行。万物流転し、時は流れん。

なれども神の真理は変わらぬ。人の歴史に測り知れぬを、

人の人知に測らんとすな。なれどもやがては悟り得ん。

人の愚(おろ)かも役に立たん。過去の愚かな過ちから、

学ばば、何かの気付きを得ん。なれば思えよ、思い出せよ。

過去の先人、古人の歴史を。そこに人類、地球の真理を、

見つけ、見い出せ、悟れ、我が子よ。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「神から人へ(下)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

 

神から人へ ◎人類が地球を破壊する前に◎

 

 

神から人。神から人に、多くの恵みと多くの導き。そにて

人を救い、人を富ませ、人を助けて養い、育み、神の慈愛の

限りをもちて、創りしものが人間なるを。いつしか人は、

神から離れ、神のご意図に最も遠く、最も汚れし存在となる。

何故かくも汚れて堕ちぬる。何故かくして魂汚す。汚れも

見えぬほど汚れ、雲りし目には何も見えぬか。禊(みそ)ぎを

もちて気付かせん。苦難与えて悟らせん。さなる願いと

祈りの行も、人には恨み深めるのみ。神は、人さえ汚れなくば、

この世の立て替え立て直し、この世の終末、始められぬを。

今この時に、ようやくに、神は始めの経綸(けいりん)よりも、

はるかに厳しき立て分けを、はるかに激しき天変地異を、

起こして成就、全うせん。

 

 

 

なれども一縷(いちる)の望みあり。一条の光、希望の灯火。

そは人の、目覚めて神に帰依(きえ)、奉(まつ)り、神に戻りて、

委(ゆだ)ねんことを。厳しき洗礼、苦しき禊ぎ、辛き修行は、

神は求めぬ。ただ安らかに穏やかに、素直な真の感謝の思い。

それのみ求めん、それのみ欲せん。人よ助けよ、神の願いを。

助けて手伝え。力を貸せよ。神は今こそ、人に助けを、

乞いて願わん、心の奥より。人の真の改心と、神に戻らん魂の、

清き祈りのことばこそ、神は望みて、願わるる。 

 

 

 

今の地球の窮状に、神は心を傷めたり。病みぬる人の心と魂。

疲れ衰え、輝きなくし、道失いて、迷える魂。光を与えん、

受け取れと、神は今日まで呼び掛けて、励まし、光を与えたり。

なれど、気付かぬ、感謝せぬ。おのが目先の苦しみばかり、

不足ばかりに目を眩ませて、人自らの努力は皆無。

気付けよ、人よ。目覚めよ、人よ。同じことばを繰り返せども、

人には聞こえず、悟られず。なれば最期の機会を与えん。

神の万策、力も尽きぬ。人に任せん。預けて委ねん。

神も今しばらくは、控えて眺めん。人の力でいかほどまでに、

人自らを救えるものか。神の望みは、まだ終わらぬぞ。たとえ

手を引き、傍観すとも、心は、思いは、人の側にて。

人を離れず寄り添うように、目覚めし人の魂に、思いを送るぞ。

受け取れよ。ことばを、力を、光を、恵みを。全て託すぞ、

神の子だちよ。神の心とことばを解する、清き魂、尊き魂よ。

神の願いはまだ衰えぬ。さらに強まり、高まりぬるぞ。 

 

 

 

人類創生、何億年。光の一点現れて、神は命と定めたり。

全ての素なる光の点よ。神の祈りを表す命よ。神の祈りを

込めて創らる、一つ一つの光の点に、魂分けて、命吹き込み、

人や動物植物と、神は次々形を定めり。一つ一つの生き物に、

一つ一つの役目あり。人はこの世の頂点に立ち、全生物を治める

ように。なれど、この世を汚さぬように。この世の秩序や、

自然摂理を、乱さぬように、壊さぬように。かくも大きな期待を

込めて、神は人に最も多くの、恵みを与えり、備わせたり。

なれども人はあやまちて、いつか恵みを誤り使う。自然万物の

ためになく、己の利益のためにのみ、神の恵みを浪費乱用。

人の欲望限りなし。いつか地球を滅ぼさん。やがては生きとし

生ける物、全てを破壊し、絶滅させん。神は恐れて、

ようやくに、腰上げ、立ちて、采配振るわる。 

 

 

 

なれど再び、人に預けん。頂け託して、任せてみなん。人の

最期の努力を試さん。神の心に残れる希望を、最期の祈りを、

人に伝えん。信じよ、受け取れ。読み解き、興せ。人に広げて、

暗きを照らせ。光の速さで、伝えゆけ。人の全ての救済を、

思う祈りを高めゆけ。光の速さも、力の強さも、神は与えん、

思いのままに。祈り念じよ。日々に行じよ。なれど己が

一人にては、何も興らぬ、何も変わらぬ。先ずは家族へ、

隣人へ、光を伝えて、書記を広めよ。急ぐなかれよ、慌てる

なかれ。なれど怠(おこた)り、怠(なまけ)るなかれ。  

神の仕組みは図らずも、最適の時を選びて起こらん。

ただ積み重ねよ、日々の精進。奇跡は起こりて、人を救わん。

 

 

 

あせり慌てて騒ぐ者ほど、思いは軽く行い足らぬ。先ずは

構えて、対峙(たいじ)せよ。何があろうと引くことなく、

恐れず向かえよ、泰然と。神の光に守らるるを、信じて

待てよ、悠然と。この先幾つの試練困難、あれど乗り越え、

打ち勝てよ。神のご守護と導きを、賜(たまわ)ることへの

感謝深めよ。神の願いを預けて託さん。さなる尊き魂に、

高めて浄めよ。自ら禊ぎて。全ての祈りは人へと通じん。   

神から人への願いは一つ。今この時を無事に越え、新しき世

まで生きて残れよ。次なる御世を担うるような、汚れぬ魂を

取り戻せ。日々に欠かさぬ祈りと感謝を。み役賜る喜びを、

神に捧げよ。人の信仰、宗教問わず、人は集まれ、まとまれ、

手を組め。くだらぬ己の信念に、こだわり狭めば、力は萎えん。

今なればこそ、境を取れよ。些末な違いにいがみ合うより、

正しき道のみ追究せよ。いずれも人知の浅はかさ、愚かさ表す、

争いなれば。神の真理を、宇宙の原理を、心に観じ、知る者は、

何も恐れず、うろたえず。ただ任せるのみ、委ねるのみ。

心は寛く、穏やかに、終日変わらぬ大河の如し。さなる魂まで、

磨けよ、人よ。さにて終わる。

    

 

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「神から人へ(下)」より抜粋
ひふみともこさんHP

http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

神から人へ ◎進化せよ・人の命は体にあらず◎

 

神から人へ、人から神へ。

互いの信頼・信仰のもと、人の進化は神に近づき、

やがては神の授けし頃の、尊き御魂(みたま)に進化せよ。

さにて本日、神と人との領域について、細かく答えん。

そもそも神は人を創り、命を与えしそのときに、

神の御魂を分け与え、人の努力と精進にて、

神の御魂に戻るよう、神の次元に上がるよう、

幾つも試練、困難与え、自ら御魂を磨き高めて、

己の自我や執着を取り、利他の思いの満ち溢れる、

光の御魂になることを、そのときまでを遺伝子に込め、

進化の過程を定めしもの。

 

 

なれば人は自ら努力し、神の定める進化の道を、

素直に生きるが、自然の定め。

人が努力し、科学を進め、宇宙の法則、摂理を見つけ、

物質のみの世界を離れ、霊の世界に高まることこそ、

人の進化の早道なるを。 

人のなすべき領域は、進化の道を辿ること。

進化の道とは霊へと通じる、物質世界と精進世界の、

融和調和の世界なり。物質のみに囚わるは、

自らの思考の自由を損なう、低次のままの学に留まる。 

本来神と人との間に、境界はなし。連続せるもの。 

人の学問、技術の発達、そも行き着かば、神の領域。

犯すべからぬ境はなし。

 

 

なれどそこに霊の存在、霊的世界の介在なくば、

人は宇宙の摂理を狂わせ、自然の秩序を破壊せん。

神と人との領域を、分かつ基準はそれのみなり。

霊的目覚め、霊的進化。 今の地上の学問技術は、

霊的視点の欠けしもの。霊的世界を無視せるもの。 

医療の技術も一面のみ。人の体の一部のみ。  

人の命は体にあらず。一人の命は独りにあらず。 

人の命は宇宙とつながり、宇宙の進化と呼応せるもの。 

心と体は一体にて、霊的目覚めの時を待ち、 

霊の目覚めは連鎖して、全ての人の進化を促す。 

霊の世界に目を向けよ。見えざる神の意図に気付けよ。 

宇宙の運行、自然の調和、森羅万象、全てに神あり。 

神のご意図のなきものはなし。 

 

 

人は神の意図を読み解き、医学科学に活かすべし。 

神のご意図に適うものなら、何の害も、毒もなし。

クローン技術に遺伝子操作、人工授精に臓器の移植。 

人は人にて神ならず。単なる肉体、物質のみの、

改造にては何も変わらず。 肉体のみが生きるにあらず。 

生きて甲斐ある使命を持たずば、生きる価値なし、

意味もなし。 寿命を延ばすが進歩にあらず。

部品を変えるが医学にあらず。 

心と体と魂と、全てが一つの命にて、人の真の健康と、

真の幸に寄与するなれば、肉体のみの医学の限界、

人知のされる領域悟れよ。人知を神知に近づけよ。

霊の世界の無限なる、人知を超えし世界に気付けよ。

霊の世界の研究は、これから先の課題とならん。

さらなる努力、研鑽(けんさん)を。さにて。

 

 

  

神の声を伝える人      
ひふみともこさんHPhttp://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の御霊」   
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/ 

神から人へ◎人類救済の日・最後の審判について◎

 

神から人へ。

神から人へは同じなれども、今日より伝えんことの

一つも、漏らさず写して、指針とされよ。

後の人類、生命の、全ての救済、再生のため。

来たる日、天は裂けて落ち、空から無数の隕石が、

数え切れぬ程の火の星が、降りて落ちなん、襲い来るらん。

なれど慌てて逃げ惑うなよ。慌て騒ぎて、我を失い、

互いに傷つけ合うより、まずは逃れて身を潜め待て。

必ず天も鎮まりて、平静安定、落ち着き戻らん。

来たる日、人は振り分けられん。

残さる魂は、浄めも進み、進歩向上、昇華の跡も、

人への情けも充分なる、真の清らな魂のみなる。

なれば、魂磨くが最善の、救済の道。生き残る術。

魂磨きもようやくに、進みて浄化も著しく、

神への帰依も偽りなからば、必ず神は救い拾わん。

恐れ怯えることなかれ。

ただ一筋にこれまでの正しき道を歩み続けよ。

神との出会いを大切に。自ら離れて縁を切るなよ。

 

 

神との縁は一度限りの、二度と結べぬ一瞬の業。

なれば迷いて仕損じなば、縁は解かれて宙に浮きなん。

虚空に漂う無数の魂。それら全ては、無縁仏の、無念の呻きの

声は聞こえん。神から離され、自ら漂い、光迷える魂は、

その後何千何万年、禊ぎ(みそぎ)の旅へと出立せんを。

輪廻転生、会者定離、儚き出会いと転生再生。

身を置き、留まる場所もなく、無限の輪廻に身を任せ、

定めに従い、流れ生きなん。

なれど、その間の厳しき修行と禊ぎに耐えて、昇華を果たさん。

さにて許さる、人への復活。神に近づく方途も得られん。

無限地獄の苦しみは、神の側から遠ざかり、戻れぬ悲しみ、

焦り苛立ち。己のあやまち、償えぬ罪。

悔いてくやみて、なお足らぬ。禊げど消えぬ、清まらぬシミ。

辛き反復、繰り返されて、ようやく気づくが己の迷い。

かつて生ある輝きしとき、神の恵みも気づかぬ程に、

むさぼりふけり、溺れ沈めり。少しの感謝も捧げずに、

当然のごと、安逸享楽。腐敗は進まん、慢心の日々。

いつか忘れる神への祈り。残るはただに唯物拝金。

心の蔵には蓄えなくとも、少しの不足も感じぬ貧しさ。

 

 

神を求めるひたむきさ、恵みを歓ぶ純粋さ。

神に向いて顔を上げ、光に照らされ恥じることなく、

曇りも翳りもなき心にて、命を洗い、禊げよ魂。

神との交信交流は、知らずに結ばれ、通いなん。

己の意識、無意識になく、神は送らん、神の想念。

人は気づかず動かされ、神のご意図のそのままに、

己の役を務め果たさん。神のご意図を過たば、

行いことばも自ずと乱れ、心に遠き間違いを積む。

神の心を知りなん後にも、己の禊ぎを怠らば、

容易に崩れん、信仰の道。神を敬い、讃える心を、

神に従い捧げる誓いを、日々に新たに祈りに表せ。

心はもろく、褪せ易きもの。すぐに疲れて倦みたゆみ、

飽きて、厭わん、繰り返し。神の最も恐れらるるも、

人の心の馴れと 陳腐化。いかに謙虚に敬虔なるも、

一生同じに変化のなくば、やがては衰え、朽ち果てなん。

 

 

人の心の当てにならぬは、神も充分、知悉せり。

なれば、新たに奇跡を起こし、次から次へと形を変えて、

新奇の手品を見する如くに、人の関心、注意を引かん。

目にも鮮やか、賑やかな、鳴り物入りの興行の如、

いつか宗教信仰さえも、落ちぶれ、頽廃、見る影もなし。

神を言祝ぎ、祝い奉らん。なれどあやまち、間違うなかれ。

最も嬉しき神への供物は、人の無垢なる魂一つ。

虚飾のお祭り、集まり、祈り。

神への思いのかけらもなくば、神は戒め、諌めを与う。

神への祭りは己の救済、己の繁栄願うにあらず。

日頃の無事と家内安全、さなる平凡ありふれしことへの

歓び高めんように。ときに捧げよ、物にて顕せ。

さにて確かめ、新たに高めよ。

神への心は朽ちやすく、衰え安くば、心し正せよ。

信仰心も一つの修行。自ら求むる心の鍛錬。

日々の生業、些事雑事。忘れ易きが、感謝の想い。

心の余裕と潤いを、守り保ちて、育めよ。

静かな闘い、己の内の、見えねど激しき葛藤あらん。

神の課さるる試練と思わば、多少の励みと、勇めとならん。

 

 

神は自ら求める者には、惜しまず与え、力を授けん。

神は人を救わんための、すべての万策、方途を与えん。

気づき使うは、幸いなり。気づかず見過ごし、通りすぎ、

省み気づけど戻る道なし。万物流転に、流され進まん。

人の賢しら理屈に照らせど、普遍の流れに、逆らう能わず。

全ては神の仕組みと理(ことわり)。

神の英知に委ねる者のみ、この世の奇跡を、神秘を手にせん。

奇跡にあらず、神のみ業は。神秘にあらず、生命は。

すべてが必然、緻密な経綸。

神のご意図を添いて働く、完璧無比なる統一生命。

知らんと望むな。説かんと挑むな。まずは悟れよ、己の無力を。

全ては謙虚の、無心の心に、始まり終わらん、神の神知は。

 

 

汚れ雲れる心を覆う、学問人知をまずは取り去れ。

浅見偏見、管見愚見。人は生きれぬ、裸の心で。

自らまといし、迷妄妄信。いつか陥る独善偽善。

自然に生きる難しさ。無欲に働く忍耐強さ。

全てを賭しても手に入れよ。神への素直な、一途な思い。

全てを捨てても失うな。神への感謝と奉仕の心。

神は測りて、役を定めん。適うみ役を、霊業を。

 



一段一段、昇華を進め、死までの短き生の旅路を、

悔いなく歩みて、実りを残せよ。

あの世に持ち越す行の重さと、この世に残す人への恵みと、

比べて 測りて決まりなん。人の次なる精進昇華は。

神は心を全て見せなん。見せて語りて、伝えなん。

人への思いと、望み願いを。月は変わりて、日も変わり、

思いも変わりて高まらば、やがては変わらん。受け止める意味。

己の解することばの意味も、自ずと高まり、深まりゆかん。

飽きて同じと怠けるなかれ。日毎に伝える神の神意を、

汲みて励めよ。歓びもちて。

 

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこ 著書 「神から人へ(下)」より抜粋 
ひふみともこさんHP http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

神から人へ◎人類の次元上昇・スイッチONとは◎

  

神から人へ、人から神へ。次なる事象、次元(上昇)の前に、

多くの人の働きと、思いの高まり、調和を広げよ。

一人一人の働き、行い、全てに神の願いはこもれり。さにて

本日何を問うや。 

 

 

(村上和雄先生の「スイッチON」ということばは、全宇宙でも

使われている共通のことばなのでしょうか。また、それは

どのようなことを意味するのでしょうか。神様はそのことばに

どのような思いを込められているのでしょうか)

「スイッチON」とは、魂の、真の覚醒、目覚めを言うなり。

人の御魂(みたま)の奥底にある、遺伝子よりもさらに微粒の、

目にも見えざる、手にても触れ得ぬ、神の与えし永遠なる

もの。そこには神の願いを込めて、人のいやさか、地球の

繁栄、生命全てのさらなる進化を、一つの経綸、計画として、

一つ一つの魂に込め、来るべきときの訪れと、機の熟せし

ときに目覚めるようにと、神は全てを見通して、人の思いの

及ばざる、遥か宇宙永遠の、無限世界の全てが共に、

一つの狂いもなきよう、精巧緻密に企てり。なれば、人の

遺伝子とても、全ては神の経綸により、全体調和の一環

して、宇宙全ての進化の一部、人の解き得ぬ神秘の粋なり。  

 

「スイッチON」とは魂の、神の記せし計画の、一つ一つが

発動し、全体調和に合わせることなり。なれば、それらは

宇宙に通じ、神への思いの目覚めし時に、宇宙の中心、命の

根源、神の世界に結ばれて、真の使命を果たすなり。

人は思いを神に向け、己の役割、使命に気づき、さらなる

大きな働きをせん。さにて思いは遺伝子を変え、己の役割

遂行のため、周りの遺伝子、外へと拡がり、一つはやがて

全てを動かす。一人の祈りは地球をめぐり、宇宙と呼応し

進化を促す。遺伝子内の全ての記号は、宇宙進化の全てと

つながり、互いが互いを目覚ませるなり。今この時の

一瞬にも、神の仕組みし宇宙の進化は、地球の遅れを待ち

ながら、宇宙の流れに流されぬよう、人の御魂の目覚めを

待つなり。準備は整い、今は待つのみ。人の全てが神に

目覚めて、次元を上げて成長するを。霊性進化は宇宙の

流れ。神の変わらぬ始めの経綸。なれば人は今の世に、

生まれし意味を見いだせよ。

 

 

人類創世、地球の誕生、たゆみことなき進化の歴史。

戻ることなき時の流れは、神の願いの一つ一つを、余す

ことなく、残すことなく、叶え起こせし歴史なり。

人は神の仕組みを知らんと、物質世界に答えを求め、

真の意味を失えり。物質世界を動かすは、神の仕組みし

経綸なれば、遺伝子一つの奥の込めらる、神の祈りの

見えざる者は、いかに 記号を解明せども、物の世界を

超え得ぬ者なり。物を動かす原理法則、その内にある

神の願いを悟し者は幸いなり。物のみ追いかけ、数値に

縛られ、現世の欲に目を奪われ、死を迎えるは哀れな生

なり。この世はあの世につながりて、一つ一つの魂の

無限の進化を求める。なれば、この世の行はあの世に続き、

終わることなく繰り返さん。人の生命、魂は、壮大無窮の

宇宙の一部。儚きこの世の短き時も、終わることなく続く

永遠。人は己の役を果たして、やがては神に戻り来よ。

地球が進化し、神の世界に、さらに近づくその時まで、

人の命の旅は終わらず。さにて本日、スイッチONの意味

することを、詳しくやさしく教えたり。よく読み返し、

御魂に納めよ。

 

 

 

  

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

神から人へ ◎食事と身体・陰陽と循環について◎

 


人間本来の食べ物、 神世の頃の人の食べ物、そは肉ならず、

魚ならず。神世の食せし食べ物は、木の実や穀物、植物なる。

人の肉食始まりは、人の愚かな欲望なりき。人は己の分を

わきまえず、己が最も偉大なりと、考え誤り、他を征服し、

さらには他をも支配せん、独占せんと武器を持ち、他の

生き物を殺戮始めき。なれどそもまた人類の、別の進化に

必要なれば、神は許して見守りき。人の肉体骨格も、さらに

進化し、文明を生み、知能も発達、知恵を持ち、神の望みし

段階となる。なれど、人本来の、食べて血肉なるものは、

他の動物の肉ならず。ときにはそもまた必要なれど、常時

食すは汚(けが)れとならん。ましてや今の世の人々は、

汚れを貯めて毒となり。今改めて見直せよ。

多くの病、難病奇病、狂いし妄想、乱れし欲望。

このまま食を間違いぬれば、いつかは自ら滅亡せんを。

なれど そもまた神の意図。いつかは人の学びとならん。

本来食すものに戻らば、必ず清浄、正常とならん。

 

 

(食事の仕方について)

何を摂りても、全て可なり。なれど心し、気を使うべきは、

それその物を頂くときの、食への感謝と、動植物への感謝と

いたわり、そを持ち食せよ。さなくば毒となり、腐りと

なりて、体内汚して、病となるらん。なぜとあらば、

全ては神の作しものなれ、神への感謝をまず第一に、

その次忘れず心すべきは、その身(実)を捧げる生命への、

同情、優しさ、そが大切なり。さなる心で頂くならば、

全ては体の滋養となるらん。なれど食欲、そもまた汚れ。

ただ食欲と執着にて、己の嗜好を喜ばすだけの、暴飲暴食、

そは慎めよ。最も体を汚すものは、食への執着、強すぎる

こと。体の自然の欲求と、心の底より感謝せんとき、

食は体の養分なるらん。ただ徒(あだ)に食を漁るは、

体の毒なり。汚れとなるのみ。体の汚れを浄めるため

には、心の汚れを取るが始めよ。さならずば、何を

いただかんとも、体を養う素とはならざる。

食を食べるは、己の体を、さらに浄めて強めるためなり。

何を食べても、何を飲みても、そにこだわるは、汚れの

素なり。肉を食すが害にはあらず。肉には肉の、力ある

なり。なれど肉の力に耐える、己の体の体力なくば、

肉は汚れを体に残し、体を蝕むものとなるらん。

 

 

(自分の体に合った食べ物とは)

そもまたそれぞれ。普遍はあらず。なれど世間の常識に

ある、体の衰え、強さに応じて、真に欲する物にあるなら、

そがその者に適する食なり。全ては陰陽。人によるもの。

己の味覚や嗜好というは、心の表れ、囚われなれば、

そに侵されて負けぬる者は、先ずはそに克(か)ち、

目覚めるべけれ。偏食なるも、同じこと。ただそれのみを

好むというは、心のどこかに狂いがあるらん。心の

どこかに病持つ者、心の虚(むな)しく、満たされぬ者、

そは肉体も衰えゆかん。体の衰え、衰弱は、巡りて心を

さらに淋しく、わびしき思いと引き下げゆかん。

心高めて、喜びあふるる、さなる健やか、健康なるは、

無駄な暴飲偏食もなく、ただ少量を感謝をこめて

いただき、満たされ、汚れも溜まらず。

よく心せよ、体の健康。体ばかりに目を向けるなよ。

先に正して、高めゆけよ。心と体と魂と。全てが一体、

不可分なれば、その一部のみを高める能(あた)わず。

 

 

(食の陰陽、体の陰陽について)

陰陽なるは人の心の、陰りと光、そをいうものなり。

心の曇りは陰陽にては、陰に当たりて、汚れを表す。

陽というは、心の光、心の明るさ、救いを表す。

なれば人には陽のみが、あらばそれこそ最も尊く、

ありがたきものと思うなれども、真の真理はさにあらず。

心も体も陰陽ありて、始めて全き働きをなす。

陰のみにても、よくあらざれど、陽のみにても治まらず。

二つで一つの働きなれば、陰のみ、陽のみ、そは病なり。

陰なる者は陽を求め、陽なる者は陰を求めよ。

さにて陰陽兼ね備えてこそ、全き働き、行いなるらん。 

陰陽二つが合わさりてこそ、二つの循環始まりて、

行い進みてはかどりゆかん。陰のみ、陽のみ、動きは

止まり、働き止みて無為となり。陰陽、それらは循環

表す。この世を動かす根本原理。 なれば宇宙も陰陽に

より、循環回転、進歩発展。

動きの止まりし宇宙には、生も命も光もなければ、

全てが無なる暗黒世界。なれど陰陽現れなば、必ず

補う力が働き、互いを動かし進ませんとす。宇宙の

原理は陰陽なれば、人の体も同じ原理よ。

 

 

体の陰陽、そは古来より、中国医術に研究進み、

陰陽極めて発達しぬるを。なれば人は肉体の陰なる者は、

陽を食せよ。陽なる者は、陰を摂れよ。全ては働き回り

始めん。陰の食物なるものとは、植物野菜、木になる

果実や穀物雑穀。陽なるものとは、肉類、魚類、体に

力を与えるものなり。陰なるものは、若きときこそ、

多くを要して摂るべきなり。陽なるものも、年齢を問わず、

体の衰え、疲れに応じて、適度に摂るべし、食すべし。

なれば体の弱りし者は、陽は控えて陰を食せよ。

病、衰え、疲れ、弱りは、陽の汚れの溜まりし表れ。

なればさなる病気の者は、陽は控えて陰を摂るべし。

陽なる者とは、体も強く、体力あふれし若き肉体。

この先まだまだ働き動く、力を欲する肉体なり。

なれど陽なる肉体なれば、陽を摂るにも、程度を

わきまえ、陰にて補い、汚れを浄(きよ)めよ。

陰ばかり食すのは誤り、力が不足。陰にも汚れは

あるなれど、陰の働きは、陽の汚れを浄める働き。

陽の汚れは溜まるに易く、肉体汚れを強めるものなれ、

陰にて汚れを落とすが大事。なれど己の肉体の真の

陰陽、状態は、知るは難し、測(はか)るは難し。

なれば心の奥底からの、魂浄めて、悟るを要す。

魂の汚れは執着なれば、嗜好に頼りて食すは危うし。

よく澄まし聞け、体の要求、求むる食物、必ず分か

らん。

 

 

  

神の声を伝える人
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/