読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎人の心・心の病について◎

 

 

神から人へ。人から神へ。互いの通信交信も、今早終わりて、

次なる勤め、働き待ちて見守りおるなり。全ては明らか、何も変わらず。

変わるを待つは人の心よ。御魂(みたま)の昇華(しょうげ)と、心の浄化。

それのみ待ちて、願う心や。何も問わずに、自ら考え、何も案じず、

疑うなく、ただにゆだねることの難さよ。己の迷いに目を眩め、

いつまで経ちても何も変わらぬ。なれどさにても、待ち続けなん。

待ちて待ちわび尚待つのみ。辛抱努力の伴わぬ、偽りの行に心もこもらず。

真の行とは忍耐継続。困難なれども立ち向かい、岩を崩して進む勇気よ。

の救いを待つになく、己の力で切り開くべし。外に求めて元に戻らん。

答えは己の内にあらん。外に求めて、何も得られず。

 

 

人の愚かさも幼さも、一生かかりてわずかに進歩。小さき一歩を歩むため、

一生費やす人の生なり。なれどさにても許されん。小さき御霊を磨きつつ、

神と共にて歩むものなら、小さき一歩も大ならん。

目に見ゆ一歩の大きさになし。御霊の昇華の一段は。神の目からは明らかに、

まごうことなき一段なれば。神と共にて幸わえよ。神と共にて盛んなれ。

神と共にて、めでたかれ。人の幸い、健康、富は、心の奥なる宝なれ、

心の豊かな者ほどに、神の恵みも厚からんもの。なれば神は公平なり。

不平不満を持つ者は、それだけ恵みも少なからんを。

わずかな恵みを喜びて、感謝を捧げ祈るなら、神の恵みを収める器も、

それだけ大きく増やしゆきなん。

神への不平で満たせし器を、浄(きよ)め祓(はら)いて神に詫びせよ。

それにて神は十二分に、器に見合う富を与えん。

 

 

人には人に見合う量、見合う宝を授けなん。なれば不平は禁物ならん

さらに汚れを増やさせるものなり。病、貧困、同じなり。

全ては己が素ならざるや。そこに気づかず、愚痴をこぼせど、

神は何も与えることなし。先ずは己の生あるを、生まれしはじめを

感謝すべし。縁あり生まれて今日までを、無事に過ごせし奇跡を悟れよ。

偶然ならぬ人との出会い、類稀(たぐいまれ)なる恵みの数々。

辛き困難、苦労も多かれ、全ては禊(みそ)ぎのためならざるや。

この世に生まれ、何をせん。この世に生きて、何をか果たさん。

迷い悩める者多し。なれど答えは一つなり。ただに地道に生きること。

神とのご縁を求めつつ、深めてゆくこと、そのことのみ。

御霊の進化、向上、昇華。そを忘れなば、生きて意味なし。

いかに栄華を極めども、魂汚さば、何ら価値なし。

神の嘆きを思わずに、ひたすら富のみ追い求め、始めの光を失いし、

哀れな御魂を憂うる今よ。

光の波動に戻すには、ことばの浄めが必要ならん。ことばの波動を

降り注げ。ことばの波動で波動を起こせよ。弱りし御霊の衰えを、

清き波動で、元に戻せよ。ことばの力で、波動で、光で、神の恵みで、

掘り起こさん。弱り疲れし、萎(な)えし御魂の波動を高めよ、人よ。

欲得のなき、清き波動を、高き波動を、広げよ、人よ。

 

 

神の与えしことばの波動で、この世の汚れを浄めてゆけよ。

ことばの力、波動、光は、神そのものならん。愛ならん。

神を求めて、救われんと、願う者こそ、祈れよ、誠を。

誠の祈りの言葉の波動は、必ず自ら、救いてゆかん。

救うは、己。内なる御魂の波動なり。薬、医学や、医者ならず。

己の内なる尊き神に、御魂の光に気づくことのみ。

 

 

濁らせ、汚せし、御魂の不浄を、己の怠惰を、悔い詫びるべし。

素直に、謙虚に、敬虔(けいけん)に。何も言い訳、弁解いらぬ。

今ある己が全てならん。原因結果の理(ことわり)なれば、

説明せずとも全てが明らか。病の素を、他に求めるな。

他に押し付けるは改善なし。己にこもり、心を閉ざし、自ら守る

そのことばかり。他への幸福、喜び与え、感謝忘れぬ魂ならば、

自ずと輝き、曇りもなからん。小さき傷や失敗に囚われ生きて、

楽しきや。一つのつまずき、挫折にくじけ、歩みを止める生ならば、

生まれて生きる甲斐もなし。

人の生には苦難もあらん。なれど乗り越え、生きてこそ、神への感謝、

無常の報恩。生きる力を強め、高めて、己の弱さにこだわらず、

前のみ見つめて歩まばよからん。苦難を苦難と感じることなく、

今の境遇、環境を、喜び感謝す強さを育め。不平不満は、貧しさなり。

喜び感謝は豊かさなり。豊かな心を養いて今より始めよ、一歩を歩めよ。

生まれて死ぬまで、歩みなり。終わることなき修行なり。

御魂の汚れをのぞきつつ、いかに光を強めゆけるか。どこまで波動を

高めゆけるか。一人一人の課題なり。

 

 

さにて本日、人の心の病の癒しを教えたり。なれど救うは己の心なり。

周りは見守り、励まして、互いに波動を高め合うべし。そもまた尊き霊行

ならん。病の者に感謝すべし。健やかなるに感謝すべし。

明るき感謝の光をかざして、曇り暗みに光を届けよ。

 

  

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/