読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎神と人の関係・人間の使命とは◎

 

神から人へ、人から神へ。神の願いは人の霊性、御魂(みたま)の向上、

それのみなれば。神の次元に人は近付き、神の視点でものを考え、

己を超えて、我を捨てて、高き天より地上を見下ろし、全てを見通す、

無心の境地。なれど、遠くの外より眺め、我(われ)関せずの虚無になし。

己の私心、私欲を入れず、各々置かれし境遇を、内より観ずる視座に立つ。

遠くにありても近くに感じ、近くにあれども惑わされず。心は近くに寄り

添えど、私情に流さる弱さになし。さにて本日、神と人との一体化、

神人合一の意味を説かむ。

 

 

人は神代の太古の昔、この世に姿を現わす前の、宇宙の混沌、その中にて、

星や天体、銀河系、太陽系の創られし後、宇宙の意思を表わすために、

最後に創りし命なり。宇宙の進化は地球を作り、自然を作り、命を作り、

やがては地上は楽園の如、命の栄える星となり。なれどそこには、神の心を、

神の慈愛を讃えるものなし。ただに動物、植物は、己の命を謳歌せど、

神の慈愛を、栄光を、尊ぶ心は持たざるを。

さにて神は人を生み、神の祈りを知るように、神の願いに応えるように、

御魂を分かち授けたり。ここに人は、神から分かれて、神の願いをこの世に

映し、神のみ業(わざ)を祀(まつ)り、言祝(ことほ)ぎ、宇宙の神秘を讃え、

尊ぶ、人の使命の始まりなり。宇宙に人のなかりせば、唯に寂しき、

侘(わび)しき虚空。なれど人の現われて、神の偉業を祝うとき、神の慈愛に

感謝を捧げ、神の巧みを畏(かしこ)むとき、神の光はさらにも増して、

宇宙に命は遍(あまね)からむ。

 

 

なれば人は人なれど、神の御魂の一部なり。神の願いの成就のために、

人は神の御心を、神に代わりて称(たた)え奉(まつ)れよ。宇宙は栄えど

そを尊ぶ命のなからば、虚しからむ。自然の豊かさ、美しさ、命の息吹き、

躍動を讃える命が必要なり。神は自ら御魂を分かち、願いを込めて、

人を創れり。なれば人は、神の心も、宇宙の仕組みも、自然の則(のり)も、

御魂の奥にて観得(かんとく)し、神の心と一体なるもの。

ことばを賜(たまわ)るその意味は、神の願いを祈りに表わし、人の世界に

伝え継ぐため。形を持たぬ神の願いは、言霊となりて、宇宙に響かむ。

神と人とは本来一体。分かてるものにあらざれば。人は己のありがたき、

尊き使命を忘るなよ。命の讃歌はこだまして、宇宙の鼓動を促さむ。

人も宇宙の一部なり。宇宙は外にあるものならず。己の内にも広がれる

もの。なれば、己の内なる宇宙に、神の光を、慈愛を照らせよ。

ことばの光、言霊は、己の内の御魂の奥に、神の慈愛を降り注がむ。

さにて本日、神人合一の意味を教えり。よく読み、御魂に光を与えよ。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/  

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/