読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎2005年鉄道脱線事故について◎

 

神から人へ。人から神へ。この世の終わらぬ 乱れ、狂いよ。人の正気も

 

無きがごとくに、地球を狂わす、怨念、憎悪。人のこの世の邪念邪心が、

 

迷わぬ人をも迷わす仕組み。狂いし地軸の乱れし周期を、正し戻して、

 

元に返せよ。人の世界にさらに広がる、飽くなき欲望、満たせぬ渇望。

 

不足の物のなきを気付かず、豊かさ、富の、幻を追う。繁栄、発展、成長、

 

増産。実態のなき、浪費の幻惑。虚栄の富と、仮想の享楽。人の愚かの

 

極みの果てに、最後のあがきの、苦悩のうめきを、最後に人に知らせるために、

 

人の利便の象徴の、脆(もろ)く儚(はかな)く崩壊せる、無残の姿を人に示せり。

 

効率至上の文明の、行き着く先の末路の姿は、跡形もなく灰燼(かいじん)に帰す。

 

 

 

 

人よ、目覚めよ、気付けよ、悟れよ。残さる時の短きゆえに、かくなるまでに

 

明らかに、人の目に見ゆ形となし、幾多の犠牲を払いてまでも、目覚めの機会を

与えしを。事象の悲惨さ、残酷さ。その奥にある、地上の危機を、心に刻み、

肝に銘じよ。残りし者は 忘るなかれよ。己の務めを、役割を。幾多の犠牲を

無駄にせず、無念の思いを浄化して、積年の罪、穢(けが)れを清め、地上の波動を

高めることを。人の想念、波動の力は、地軸の狂いも直し正さん。地上の騒乱、

擾乱(じょうらん)も、今を境に鎮(しず)まらん。人の思いをさらにも高めて、

裏の底に込められし、神の神意を読み取れよ。人のこの世の命の意味を、生を

与えし神のご意図を、この世に起こる全ての事象の、底に流れる神の慈愛を、

汲み取り、悟りて、豊かなれ。

 

 

死者を悼(いた)みて 流せし涙は、早くに乾かし、心を開けよ。空を見上げよ。

光を求めよ。手を差し伸べて、愛を抱(いだ)けよ。人の犠牲は、神にも辛し。

そをば気付けよ、神の心を。神と共にて、歩めよ、子らよ。人は人のみ、

歩むにあらず。常に神と共にあり。神の情けを受け取れよ。人と変わらぬ神の

思いを。神の光に導かれ、この世の闇を照らし明かせよ。これより先の最後の

危難を、神の光と共に越え行け。信ずる者には光は眩(まばゆ)く、さらにも輝き、

光を放たん。自ら輝き、光となれよ。己の御魂(みたま)の神の光を、強め、

広げて、未来を照らせよ。

 

 

 

神の声を伝える人      
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/