読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎物質と金銭への執着を取れ◎

 

神から人へ。人から神へ。互いの交信交流も、やがては全ての人々と、

心を通じ、魂にて、必ずつながり、結ばれなん。その日、神との交信は、

魂浄めし、高次の者なら、よく伝わらん。交わらん。なれど濁れる魂ならば、

伝えることも伝わらず、ただに空しき波動のみ。あるいはまた、己の波長に

合う者同士の、低く怪しき通信ならん。よく心せよ。注意せよ。低き波動に

惑わさるるなよ。通信交信、危うきものなれ、よく磨かれし魂なりて、

その後行い、高めゆくべし。さにて本日、問いは何なる。

 

 

(物質と金銭について

人の心を貶(おとし)むは、心の奥の我欲我執。心の清き者なら、物質、金銭、

悪ならず。己の精進を、手伝うものなり。進めるものなり。

人の肉体、物質なれば、物質なくば生は保てず。なれば物質大切にせよ。

物質愛し、感謝せよ。なれど物質欲するのみにて、いくらありてもさらに

求むる、さなる卑しき浅ましき、我執の虜(とりこ)となるなかれ。  

人は己の生を維持する、わずかのゆとりに満足し、ささやかな富を歓べよ。

ただいたずらに物質増やし、独占するは我欲の奴隷。感謝もなくば喜びもなし。

ただ所有して、使いもせずに、資源を無駄にし、環境壊す。

さなる物質文明は、やがて滅びん。壊滅せん。今の誤り、狂いの素は、

物質のみの価値判断。物質なきは軽んじる。物質、所詮は道具なり。

利用し使うことにより、始めて価値を発揮せん。持つことのみには価値もなし。

なれど今の世、腐敗と退廃。物に使われ、心を滅ぼし。

神の望みは、感謝と喜び。なれど金持ち、資産家たちは、感謝もなくて、

不足のみ。何故持つや。欲しがるや。さらに増やして、何を得ん。

権力、名誉、地位、武力。やがては招かん。戦争、滅亡。

物質金銭、悪ならず。なれど心の浄めのなくば、いつか人は自滅せん。 

物質によりて、魂磨く。そが生かさるることの意味。人の生のある由縁ならずや。

魂のみの修行なら、想念ばかりで、悟りは難し。 なれど物質あるゆえに、

喜び、満足、幸を知らん。悟りも早く、感謝も易し。 肉体、持ちて、感覚を得て、

五感の満ち足る喜びを知る。なれば感謝の意味も悟らん。さにて感謝と優しさを、

生あるうちに育みて、魂浄めて帰るを待たん。 

 

 

今の世、現界は、感謝を忘れし低次の世なり。いずれは自ら滅びなん。

なれど神の慈愛と情けよ。救いてやりたし、気付かせたしと、この数年の

警告戒告。意味を汲み取り、目覚めよ、今こそ。今の荒(すさ)みし人心と、

汚染と破壊の自然環境。増えゆくばかりの極悪犯罪。残虐凄惨極まれり。

世も末ならん。地獄と化せり。人の正しき判断も、今の大方、望むも虚し。

救いの教えも導きも、かえりて嘲笑、嘲(あざ)けられ。悲しき世なり。

真の賢者のことばを聞けよ。人の最期の努力に託さん。 人自らが改悛せずは、

幾度救えど、繰り返さん。 愚かな学者に政治家たち、魂抜けし宗教家たち。

真の光を見出せよ。喜び輝く栄光手にせよ。真の愛を手に入れたくば、自ら輝き、

光を放てよ。 人の愛のみ求むるになく、自ら与えて、投げ出せよ。さにて磨かれ、

曇りを落とし、汚れを祓わば、光は増さん。内なる栄光、授からん。 

人への献身。神への帰依。感謝と満ち足る豊かな心。 そのみが真の富ならん。

物質にては適(かな)わぬ豊かさ。なれど物質、そがあることより、感謝の念も

深まらん。悪の元なる心の奥の、我欲我執に囚わるるなよ。魂の扉を開きなば、

光の続く道は拓けん。光の道を歩めよ、子らよ。 迷える道の光に従い、

素直になりて、執着離れ、安らかなるまま、ゆだねるべけれ。 

 

 

 

 

◆神様の分け御霊である人間が 神性を取り戻す言霊 ◆

 

「ひふみ祝詞(のりと)」

ひふみ  よいむなや  こともちろらね  しきる 

ゆゐ(wi)つわぬ  そを(wo)たはくめか  

うおえ  にさりへて  のますあせゑ(we)ほれけん 

※3回続けて宣る   


「いろは祝詞(のりと)」

いろは にほへとち りぬるを(wo)わかよ  たれそ  

つねならむ うゐ(wi)のおくやま けふこえて

あさきゆめみし ゑ(we)ひもせすん 

  

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/