読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎心の毒・ 人傷付ければ己も傷つく◎

 

神から人。神から人に伝え、教え、導き。そして養いて、人の幸せ、人との和、

人と人の交流、親交、さなるためにと与えし ことば、ことのは。そは、

神が人を慈(いつく)しみ、愛(いとお)しみ、人が他を傷つけることなく、

互いが憎しみ合うためになく、互いが互いに仲良く暮らす、そを願いての

御意図なり。なるを人は、ことばを使い、文字を用いて、人を傷つけて、

人を卑しめ、人の和を乱し、壊し、ついには戦争までも始めし、陥(おちい)りし。

さにて神は、大いに嘆き悲しみ、人を戒(いまし)め、諌(いさ)めんと、

人を使い、人によりて、人に気づきを与うるいくつもの、仕組み、経綸を

起こさせし、行われし。なれど、気づく者の少なきは、今のこの世を見れば

明らか。いまだ、戦争勃発し、暴力、残虐、血で血を洗う。何故、人を傷つける。

何ゆえ人を殺すのか。最も卑しく、忌むべきは、互いが互いを傷つけ、

殺しあうことなり。なれば、人の罪は深く、暗く、重し。諌めても、諌め得ず。

浄めても、浄め得ざるなり。なれば、人の成すべき、罪の報(むく)いは、

他を救い、他を浄め、他のために働き、他のために捧げる。そが最も大きな、

罪の贖(あがな)いなり。禊(みそ)ぎなり。それ以外の何もなし。

 

 

なれど、神は人に、望みを、救いの手を、差し伸べられし。そは、人を救う

いくつかの仕組みを、自(おの)ずと起こし、罪の禊ぎを進めさせんとの計画

なり。そは、人が神と出会う、始めの機会、神縁なり。心求め、心開く縁の

者は、そを捉(とら)えて、神とのご縁を自ら結び、神に仕え、使われることを、

おのが使命と見つけるなり。なれど、神との縁、始めより、定められて

結ばれる者あり。逃れえぬ者あり。なれど、大方は、心がけなり。生き方なり。

心鍛えて、神のみ役にふさわしき、心にあらば、神は選びてその者使わん。

神は使わん、寛(ひろ)く、尊く、高き心を。願い卑しく浅ましき、おのが

一人の幸望む。おのが尊し、おのが偉し。さなる傲慢不遜の者は、神は使わず、

選ばれぬ。神に使っていただく喜び、そを己の生の支えとし、執着取りて、

浄めてゆけよ。他と競い合い、励むもよからん。なれど、さなる時にも、

いかなる時も、人は無くすな、いたわり、優しさ、心のゆとり。人の賜る

人の心。そを、おとしめ、汚すなかれ。汚れ曇りは、浄めるがよし。

浄めて、浄まらざる、禊ぎて禊がざる、さなる汚れは神にはなからん。

神に帰依して、託してゆけよ。人の人知で動くなかれ。浅はか、単純、

愚行に堕ちるな。目に見ゆ物質、現象なれど、心に写る、神を信じよ。

心に聞こゆることばに従え。なれば人は、己の罪を消しゆき、浄め、

高めゆかん。 さにて本日伝えし、罪(積み)、贖(あがな)い、人を救う

ことの意味を、まずは真摯に受け止めよ。

 

 

罪なるものは、人の罪、己の罪と心得よ。神の前には皆同じ。一人の罪に

帰すことなく、全ての者が、一人一人が罪を贖う心を持てよ。己一人が

尊きにあらず。己一人が清きにあらず。全ては一人の集まりなり。

人が浄まらざらば、己も浄まらず。人救わざらば、己も救われぬ。なれば、

おのが一人の、救い求むるな。おのが一人の浄め望むな。

人皆一体、協力、調和。利他の心を失うな。他を利し、愛し、高めんと、

祈る心の尊けれ。我が一人、救われ、助かり、栄んと、望む心のさもしさよ。

人を救わば、己も救わる。人傷付ければ、己も傷つく。人に向けられる

心の刃は、かえりて己を切りつける。なれば、よくよく諌め、心せよ。

目には見ずとも神には明らか。心の毒と、心の武器。己を汚す、根本なり。

さなる凶器は捨ててゆけ。あの世に持ちて入ることなかれ。神に使われ、

働くに、心の武器は重たからん。神の光を強めるに、心の毒は妨(さまた)げ

ならん。なれば、心の武器と、心の毒を、禊ぎ浄めて、身軽になれよ。 

心に汚れ、屈託なくば、神の光は入り易し。心に曇り、障害あらば、

神の光はさえぎらる。なれば、人はまずは、己見直し、己改め、人救う

先に、己諌めよ。己正せよ。神に使わる、魂たらん。そは、心の浄さ、

尊さ、素直さ、高さ。なれば、高きに求め、低きを廃し、悪しきこと

思わず、口に出さず。よきこと願い、幸を拡げ、人の役に立たんを祈れ。

神は救わん。さなる魂。神は拾わん。さなる心。なれば、人の得は、

己の得。他人を利さば、己も富みゆく。よきこと祈れよ。よきこと急げよ。

神の願いは急がれる。さにて。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「神から人へ(下)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/