読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎真理を学び、時を超え時を生きよ◎  

 

神から人。そは、昔からの古代からの、遠い遠い、人類の祖先、

人類の始まり、全ては、そこから始まりし世の、全ての大本なる

その始めからの、遠い遠い昔なり。その時人が、神に望み、神に

願うこと、ものは、ただ人が食うに困らず、生きるに困らぬ、

必要にして最低限の物質と、必要にして不可欠なる、ごく少数の

もろもろの道具、それらを用いることのみを、人は神に祈り、

望み、与えられし。なれば神は、人の望みを聞き届け、人が幸せに

仲良く、互いに助け合い、おのが命と相手の命と、どちらも分かたず、

共に満たされ、共に栄える。そがことのみを、おのが望みと相手の幸を、

おのが幸せ喜びと、共に楽しみ、共に悲しむ。さなる美しき、真の富に

満ち溢れ、真の平和に包まれる。さなる世界を創り、現す。

そが、その昔、神と人との、最初の世界、始まりなり。なれば人は

今再び、さなる国をば現さん。神の導き仕組みにて、人は再度の神の国

神の世界を作り出さん。神が人に与えし恵み、許される富と幸いを、

人の我欲で失うことなく、神の御心、ご意志に添いて、神の光に導かれ、

ただひたむきに生きるがよし。神に愛され、神に許され、神の恵みを

その一身に与えられ、神に感謝し、神を思い、おのが命と魂の、

今ある喜び、幸いを、一途に感じ、神に捧げる。さなる一途な人の心は、

神の心を喜ばせ、神のさらなるみ恵みを、溢れんばかりのみ恵を、

その身、魂に、受けきれぬほどの栄光を、受けてなお余りある、大愛を、

感謝の心で受け止めん。感動歓喜の思い高まらん。 

 

 

なれば、人に、告げるべきは、ただ、神の光栄と、神の恵みの尊さを、

素直な心で、感謝の思いで、ただ受け入れることが先なり。始めなり。

さなる後に人は気付かん。おのが命の元なるを。おのが命の始めなるを。

古代の前の、遥か昔、悠久の時をも、さらに越え、人類、万物、

森羅万象、全てのものの始まりを。今この世なればこその気づきを得ん。

この世の乱れ、罪汚れ、全ての過ち、己の迷い、繰り返しつつ改めぬ、

おのが愚行の数々を。さればこその、この世なり。さればこその現世

なり。人がなすべき霊行と、悟りを得るべきお仕組みと、更なる昇華の

お許しと、神ありてこそのおのが命と。

なれば、人は神に下座し、神のことば賜れよ。おのが気付かぬ過ちを、

神に禊がれ、気付かれよ。神に諭され、教えられ、神に照らされ、

導かれ。おのが汚れと、曇りの深さ。消して消しえぬ汚れなし。磨きて

輝かぬ曇りなければ。遅きにあらず。なれば、人は勇気と意思をもちて、

神に向かえよ。神に試されよ。神の禊ぎを甘んじて受けよ。おのが命の

全てを賭して、神の心に誠で応えよ。 

 

 

神の禊ぎに耐えられぬ、さなる御魂は、救われぬ。神の試しは一度

なり。一度の試しに応えねば、神は許す術(すべ)を失う。さなる御魂の

迷える先は、光届かぬ、暗き世界。闇に閉ざされ光なく、心の曇り、

御魂の汚れ、禊いでくれるの試しなし。なれば、今の世にて、

神試されることの幸い、幸運を、神に感謝し、神に祈れよ。神に届かぬ

祈りなし。神に見えぬ誠なし。神は一人一人の精進を、必ず見届け、

見守らる。さなる御魂を見付けなば、神は必ず、昇華を許さる。

さらなる霊行、み役を与う。神のお役の手伝いを、その身に応じ、与え

給う。許され給う。なれば、人は、神のお側に仕えんと、神のお役に

立ち得んと、己を勇め、励まして、さらなる精進、努力を捧げよ。

更なる昇華、さらなる浄まり、さらなる喜び、さらなる感謝、あせる

ことなく、倦むことなく。 

 

 

神に時の流れなし。神に始まり、終わりなし。時の流れは人の思い。

神には全てが、今に始まり、今に終わる。なれば、人の生き死に、

生まれ変わり、全ては終わらぬ繰り返し。生命、自然、宇宙の法則、

全てが同じ、真理の営み。神の創りし、定められし、神の真理は普遍なり。

なれば、いつに始まり、いつに終わる。さなる思いは人の誤り、

人の考え、愚考なり。神にゆだねる時の流れ。悠久のときも一瞬の時。

一瞬の時間も悠久の時。絶え間なく流れ、たゆたい、進む。進みて戻り、

戻りて進む。終わりて始まり、始まりて終わる。なればこそ、終わりも

なくば、始まりもなし。ただあるは、今の時のみ。今の瞬間。

終わり、始まり、そは有限。無限世界に、終わりなし。始まりもなし。

長さなし。共に始まり、共に終わる。始まり、終わりは、人の感覚。

生と死とは人の観念。人に生死の境あれど、魂に別なく、境界なし。

現世と来世、来世と前世。そは一続きの世界なり。終わりて見えるは、

人の錯覚、見誤り。 

 

 

澄みし魂、心眼にて、見透し、捉えよ、一瞬を。時の流れに流されず、

流れの速きに惑わされず、おのが命のあるうちに、何をなすべきか、

果たさるべきか。神の心の果てしなき、尽きせぬ慈愛、大愛を、

己の儚き魂で、受け入れ、受け止め、己に生かせ。己の内なる魂に、

神のみ光、灯されよ。暗き世界にみ光を、かざし、照らせよ、

おのが道。おのが魂、精進昇華、神に許され、時を越え、永久の命を

与えられ、今を生きて、今を捉えよ。時の流れに惑わされず、己の魂の

霊行を、今のなすべき霊行を、時の流れに取り残されず、今の今を、

繰り返せ。今の瞬時を、手に入れよ。なれば、人は、時の儚さを

憂うることあたわず。時の流れに惑うこと適わず。

ただ今の時のみを今と感じ、終わりも始まりも、一つのものと捉え、

ただ淡々と、時を越え、時を生きよ。 さにて、本日伝えしこと、

宇宙の真理の、ほんの一片なり。時を定めて、そに縛られ、己の生を

生き急ぐことなかれ。なれど、時に遅れ、時を失うこともなかれよ。

時をおのが自在に生くること。己が自由な時を楽しむ。そは、神の

み業。神の所業なり。なれば、人も努力を惜しまず、神のみ業に

近づきゆかれよ。終わりもなければ、始まりもなし。さなる真理、

先ずは解かれよ。理解せよ。 

 

 

 

◆神様の分け御霊である人間が神性を取り戻す言霊 ◆

 

「ひふみ祝詞(のりと)」

ひふみ  よいむなや  こともちろらね  しきる 

ゆゐ(wi)つわぬ  そを(wo)たはくめか  

うおえ  にさりへて  のますあせゑ(we)ほれけん 

※3回続けて宣る   


「いろは祝詞(のりと)」

いろは にほへとち りぬるを(wo)わかよ  たれそ  

つねならむ うゐ(wi)のおくやま けふこえて

あさきゆめみし ゑ(we)ひもせすん 

 

 

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書「神 から人へ(上)」より抜粋
ひふみともこさんHP http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/