読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎信じること・疑うこと・神と信仰◎


 
神から人へ、人から神へ。多くの人の祈りを受けて、御霊は

天に昇りゆかむ。この世に残せし悲しみも、天へ帰りて、

清められむ。さにて本日、信じること、即ち人にとりて、最も

難しきことを教えむ。人はそれぞれ疑いと、信じることの間にて、

常に変わりて揺れ動くもの。なれど危うき選択は、いずれかのみ

に傾くこと。信じるときも疑えよ。己の心を、考えを。全てを信じ、

疑わぬは、即ち慢心、独善の素。己を疑い、見直して、信じる

己の我を戒めよ。疑うことは悪ならず。信じる己に曇りはなきか。

己の心に歪(ゆが)みのあらば、信じる心も、歪みを生じ、いつか、

己の我に囚われむ。信じ切るとは任すにあらず。信じる者には

責もあり。己の心を外より眺め、己の勝手の願望に、己の心が

狂わぬように、常に冷静沈着に、己自身を問い直すべし。  

 

 

神を信じる者は危うし。疑うことをはばかりて、自ら陥る妄信、

狂信。信じることを美徳とし、理性知性を自ら捨てる。独善、

慢心、そを恐るべし。理性、知性を働かせ、常に己を問い直し、

他人のことばに耳を傾け、心の扉を閉ざすなよ。神を信じることは

尊し。なれど、ときには疑えよ。己の心の慢心を。信じるものへの

執着を。疑うことは辛きこと。己を変えるは難しきこと。己の心に

非を認め、そを改むには勇気を要す。なれど真の信仰は、心を閉ざす

ことになし。心の闇には光を当てよ。執着迷妄は、心の牢獄。

自縄自縛の鎖を解きて、心の自由を取り戻せよ。強き信とは柔軟

なること。頑(かたく)ななるは脆(もろ)きもの。変化を恐れ、拒まむと

する。己の正しさ、善なるを、何より信じ、疑わず。信じるものは

神ならず。己の作りし虚像に過ぎず。虚像の崩れることを恐れて、

己の殻に籠(こも)るなかれよ。神のことばも信じるなかれ。信じる

ことは止まるにあらず。常に真理を、神意を問えよ。己の信に

凝(こ)り固まらぬよう、常に心の扉を開き、風を通せよ、光を当て

よ。新しき意味を自ら求めよ。さなりて信は自由を得、常に新たな

命となるべし。さにて本日、信じることとは疑うことの意味を説き

たり。よく読み直し、考えるべし。さにて。

 

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/