読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎人類の次元上昇・スイッチONとは◎

  

神から人へ、人から神へ。次なる事象、次元(上昇)の前に、

多くの人の働きと、思いの高まり、調和を広げよ。

一人一人の働き、行い、全てに神の願いはこもれり。さにて

本日何を問うや。 

 

 

(村上和雄先生の「スイッチON」ということばは、全宇宙でも

使われている共通のことばなのでしょうか。また、それは

どのようなことを意味するのでしょうか。神様はそのことばに

どのような思いを込められているのでしょうか)

「スイッチON」とは、魂の、真の覚醒、目覚めを言うなり。

人の御魂(みたま)の奥底にある、遺伝子よりもさらに微粒の、

目にも見えざる、手にても触れ得ぬ、神の与えし永遠なる

もの。そこには神の願いを込めて、人のいやさか、地球の

繁栄、生命全てのさらなる進化を、一つの経綸、計画として、

一つ一つの魂に込め、来るべきときの訪れと、機の熟せし

ときに目覚めるようにと、神は全てを見通して、人の思いの

及ばざる、遥か宇宙永遠の、無限世界の全てが共に、

一つの狂いもなきよう、精巧緻密に企てり。なれば、人の

遺伝子とても、全ては神の経綸により、全体調和の一環

して、宇宙全ての進化の一部、人の解き得ぬ神秘の粋なり。  

 

「スイッチON」とは魂の、神の記せし計画の、一つ一つが

発動し、全体調和に合わせることなり。なれば、それらは

宇宙に通じ、神への思いの目覚めし時に、宇宙の中心、命の

根源、神の世界に結ばれて、真の使命を果たすなり。

人は思いを神に向け、己の役割、使命に気づき、さらなる

大きな働きをせん。さにて思いは遺伝子を変え、己の役割

遂行のため、周りの遺伝子、外へと拡がり、一つはやがて

全てを動かす。一人の祈りは地球をめぐり、宇宙と呼応し

進化を促す。遺伝子内の全ての記号は、宇宙進化の全てと

つながり、互いが互いを目覚ませるなり。今この時の

一瞬にも、神の仕組みし宇宙の進化は、地球の遅れを待ち

ながら、宇宙の流れに流されぬよう、人の御魂の目覚めを

待つなり。準備は整い、今は待つのみ。人の全てが神に

目覚めて、次元を上げて成長するを。霊性進化は宇宙の

流れ。神の変わらぬ始めの経綸。なれば人は今の世に、

生まれし意味を見いだせよ。

 

 

人類創世、地球の誕生、たゆみことなき進化の歴史。

戻ることなき時の流れは、神の願いの一つ一つを、余す

ことなく、残すことなく、叶え起こせし歴史なり。

人は神の仕組みを知らんと、物質世界に答えを求め、

真の意味を失えり。物質世界を動かすは、神の仕組みし

経綸なれば、遺伝子一つの奥の込めらる、神の祈りの

見えざる者は、いかに 記号を解明せども、物の世界を

超え得ぬ者なり。物を動かす原理法則、その内にある

神の願いを悟し者は幸いなり。物のみ追いかけ、数値に

縛られ、現世の欲に目を奪われ、死を迎えるは哀れな生

なり。この世はあの世につながりて、一つ一つの魂の

無限の進化を求める。なれば、この世の行はあの世に続き、

終わることなく繰り返さん。人の生命、魂は、壮大無窮の

宇宙の一部。儚きこの世の短き時も、終わることなく続く

永遠。人は己の役を果たして、やがては神に戻り来よ。

地球が進化し、神の世界に、さらに近づくその時まで、

人の命の旅は終わらず。さにて本日、スイッチONの意味

することを、詳しくやさしく教えたり。よく読み返し、

御魂に納めよ。

 

 

 

  

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/