読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎日本と世界・人種・歴史教育◎

 


(世界の国や人種について)

さても難しく、また答え難きことを聞くものなるかな。

なれども答えん、答えて示さん。さにて知れよ、神のご意図を。

神世の昔の、さらに昔、この世に生命、命あるもの、

全ては同じに、形も姿も、全てが同じに、神は作らる。

なれば、動物植物、皆同じ。命は一つの種類のみ。

神は公平平等、差別なし。なれど、さにては発展せず。

発達繁栄さらになければ、神は少しの差を作り、

幾多の種類の生物を、この世に分けて作られき。

さにて異なる種類種族が、この世に現れ、発達し、

ときに争い、ときに結びて、

互いに互いを殺し合う、悲惨な戦争、闘争もあり。

それらは高度の文明持てど、人とは異なる生命体にて、

激しき闘い繰り広げし後、互いに滅びて、失せぬるを。

ことばも持たぬ生物なれば、ただ肉体と力それのみ、

生きて残らん術(すべ)なりき。その後、神はさらに人間、

神の似姿、写し絵を、この世に下ろすの決意をされき。

ことばを授けて、文字教え、心を与えて、欲望持たせ、

さにて人間、繁栄の神世の国を作らせんため、幾多の困難、

禊ぎ(みそぎ)も与えて、人の繁栄、進歩を望まる。

さにて人間、よく働きて、互いの協力、努力を惜しまず。

神を敬い、神を慕い、神に仕えて、この世は栄えき。

なれど、神にもいろいろありて、人の繁栄発達を、悪しき思いに

眺める神あり。おのが邪心を持て余し、人の闘いいがみ合うを、

喜び楽しむ神ありき。さにてこの世も、乱れを始め、ついには

人は殺し合い、激しき闘い繰り広げ、神は心を傷めたり。

さにて神は、闘いを終わらせ、平らげ、治めんために、

神のことばを忘れさせ、人の間に差異を与えて、異なるみ役を

定められ、それぞれ役割役目を与えて、人と神との境を立てり。

さにて人はそのときより、神との交信不可能となり、

神との通信行う者は、特別な者、み役の者と、神の下ろせし者のみ、

神との通信許したり。 

人と人のあいだには、国も生まれて、ことばも分かれ、

人のことばもそれぞれに、その地、その国、その時代、自然に

発達馴化せり。やがては今の世界の原型、生まれて発達成長せり。

歴史も残され、伝われど、神世の昔は忘れられ、人の記録に残されず。

ただに残るは、人の世の、原始の頃の歴史からのみ。  

神のご意図は、人の平和と、進歩発展、繁栄のみ。

異なることばや人種を超えて、人が等しく手を取り合い、

互いの繁栄進歩のために、闘うことなき、恒久平和

今の世界に希望なし。このまま待ちても時の無駄。

神は定めて、決断せり。今こそ建て替え、立て直さんと。

 

 

忘れられ捨てられし、神世のことばを思い出せとは、

人への最期の警告なれば、今を逃さば、全ては遅し。

謙虚に聞けよ、神の警告。おろそかにすな、神のことばを。

今にも希望は残されたり。なれど、人の力は限られ、

時の猶予はさらにも少なし。今こそ祈れよ、願えよ、神に。

神に求めて、許しを乞えよ。最期の教えを広めよ。

人に教えて、後悔残すな。さなる徒労を、神は愛でなん。

人の願いも祈りもことばも、これから後には世の中のため、

多くの人の幸いのため、残し伝えておくためなれば、

他に何を行うも、神の願いに沿うことならば、神は助けて、

仕組みを起こさん。

さらに願えよ、人類の、真の精進昇華の証(あかし)を。

神の定めの経綸を、遅らすことなく進めてゆけよ。

人の協力、乱れなく、神のことばに従いて、

誰とも争い、いさかうことになく、まずは神に心を合わせ、

神の意に添い、預け任せて、神のことばに違わずに、

神の御心、願いのままにて、素直に生きて、進めばよからん。

 

 

(日本と世界との関係を、具体的に教えて頂けないでしょうか。

また中国などでは日本の戦時中の出来事を小学生のころから

教え込むそうです。そうしたことはよいことなのでしょうか。

教育のあり方などについてもお教えください)

さにてつまらぬ問いならずや。人の世界は人のこと。

神の世界と異なれば、人は人の規則に従い、

人のなすべきことを決めてゆけ。神の世界の起こりしことも、

人の世界に移り下りなば、人のなすべきことと変わりて、

神の世界と自ずと異なる。なれば神は指示もなし。

なすべきことのみ示せども、一つ一つは人の責任。

後の結果は人の負うべき、神の定めることならず。

 

 

さにて本日二つめの問い。神の世界の歴史と未来。

神は人に全てを託し、人の世界の繁栄を心に祈り願えども、

必ず人は行いもせず、かえりて混乱 深めし今よ。

なれば過去の過ちも、そのまま残し、記録を留めて、

後の戒め 教訓とせよ。なれどそもまたよく考えよ。

ただに恨みや憎しみ育てて、そを増長さすは人の誤り。

神の世界の誤りを神は正してゆくなれど、人の世界はさにあらず。

さらに過ち繰り返し、進歩も変化も向上なし。

いつになりても、世の変わりても、人の愚かは治りもせざる。

なれば歴史は大切なれど、何ゆえ愚かな愚行を正さぬ。

神の意図する人の向上、精進昇華を妨げるのみ。

なれどいつかは裁かれん。裁かれ正され、直されゆかん。

なれどそもまた人の責任。神は見守り、祈ることのみ。

人の世界の諸事万端。人の気付きて、なすべきことなり。

教育もまた、その一つ。人を正しく善き方へと、導くためなら、

そもまた尊し。なれど今の世、教育は、心を腐らし、魂を汚す。

優劣、勝敗、争いの元。 

全ては神につながりてゆけ。さなくばいつかは滅びる仕組み。

そもまた時間の問題なれば、神は見守り、待つばかりなり。

さにて神の願いのみを、人に伝えて、後は任せん。

人の行い、悔い詫びは、己に返りて、結果と現れ、そこから

意味を見出せよ。一つ一つを神に問うなよ。

結果を受け止め、受け入れるべし。神に結果を押し付けるなよ。

神は仕組みを起こして待つのみ。人の進歩も向上も、真の昇華も

そこから始まり、いつかは人類全体へと、巡り周りて覆いてゆかん。

人類全ての昇華を祈れ。己ばかりを守りても、やがては己も同じ命運。

人の全てを救わんと、計る神の御心を、よく汲み取りて働けよ。

 

 

人の願いの清からば、必ず叶い、聞き届けられ、

人の世界に写されゆかん。恐れることも、案ずることも、

ためらうことも、何もなし。

明るき未来は確実に、人の世界に近づきゆかん。

人の真の祈りの広がり、神はひたすら待つなれば、

人の願いの高まりと、さらなる努力を示してゆかん。

よくよく励めよ。手伝えよ。 

 

 

 

(地上の乱れを正す・この世を浄化する言霊 )

古代の人の祭りし如くに、御霊浄める儀式をなせよ。神を奉りて、

祝詞(のりと)をあげて、あまねく神に感謝捧げよ。祝詞は「ひふみ」と

「いろは」でよからん。人の誠のこもりなば、神は受け取り、祈(ね)ぎて、

祈らん。祈りと祈りの共振は、互いに高めて、波動を広げ、やがては

全ての人々の、魂癒して、言霊となる。言霊広がり、光の如くに、

地上の乱れを全て正さん。 

 

  

「ひふみ祝詞(のりと)」


ひふみ  よいむなや こともちろらね 

しきる ゆゐ(wi)つわぬ    そを(wo)たはくめか  

うおえ にさりへて    のますあせゑ(we)ほれ- けん 

※3回続けて宣る  


「いろは祝詞(のりと)」


いろは  にほへとち りぬるを(wo)わかよ   たれそ

つねならむ うゐ(wi)のおくやま   けふこえて 

あさきゆめみし ゑ(we)ひもせすん   

 

 

 

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女

「三輪の祈り(ひふみの祈り)」
http://kukurihime.blog.jp/