読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎随神(かんながら)について◎

 

 

神から人へ、人から神へ。神から人への伝えも終わり、

今は一人の人間として、意志持ち生きる人として、

神の答えに頼らずに、自ら考え、行なえよ。神の答えは

正解になし。多くの方法、選択し、そこから選ぶは本人

のみ。 神のご意志に沿いながら、尚も己の意志を尊び、

神のご意図に外れぬ生き方。そは人の自らが長き年月、

時間をかけて、多くの経験、失敗を経て、やがては悟り、

到達するもの。なれば人は今ある環境、人間関係、

境遇にて、最善努力を尽くすのみ。そこそが真の随神

(かんながら)。迷いも大切。疑問も必要。神のせいにし、

考えもせず、成り行き任せに流されるになし。随神とは、

努力すること。さらなる進歩向上めざし、確かな約束、

保証のなくとも、ただに己の信ずる道を、結果の責も

負う覚悟にて、神を信じて歩むこと。神は教えず、

導かず。人の失敗、避けさせず。人の御魂、霊性の、

進化に役立つことならば、見守るのみにて手を差し伸べず。

神の慈愛の大きさを、深さを思えよ。広さを忍べよ。

 

 

神の願いを知る者ならば、答えは自ずと明らかならずや。

絶えず省み、振り返り、己の非あらば、自ら気付けよ。

人は神に守らるるとも、今生(こんじょう)世界に生まれしは、

自ら御魂を鍛えるためなり。神に頼りて甘えるなかれ。

神の慈愛は厳しくもあり。神の慈愛は尊く、畏く人には

測れぬ無限の大きさ。そに守られて生きるこの世を、

思わば何を恐るるや。神の慈愛にあふれしこの世に、

命を得しこそ尊き縁なり。一人一人が独りになく、

どこまでつながる縁なれば、その縁こそを大切に。

地上人類、自然万物、銀河宇宙と一体なるを。人の

浅くて狭き目は、今しか見えず、自分のみ。随神なる、

生を生きるは、まずは己の我から離れて、己の愚かさ、

小ささを、神の視点で捉(とら)え、直せよ。

随神なる生き方は、一つにあらず。人それぞれに、

銘々備えし感性、知性、理性、徳性、霊性を自ら磨く

生き方なれば。無駄に思える努力も必要。地道に歩む

遠回りこそ、豊かな実りをもたらさん。結果成果に

目を眩(くら)まされ、徒労を厭(いと)うは嘆かわし。

辛抱、忍耐、我慢の長さは、人の心を鍛える素なり。

さにて身に付く強さこそ、随神なる道へと続かん。

さにて本日、随神とは、己の意志、自ら考え努力する

こそ、真の随神なるを説き示したり。これから後の

参考とせよ。さにて。 

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女 
「三輪の祈り・ひふみの祈り」 http://kukurihime.blog.jp/