読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎人類の霊性進化・神の言葉を声にせよ◎

 

    

神から人へ、人から神へ。人類進化の歴史の流れは、人の知識の遥かに及ばぬ

宇宙の創成、銀河の創出、そこより始まる壮大なもの。神の願いは宇宙の意思

にて、全てがカオスの混沌ならず。法則もあり、原理も働く。秩序もあれば、

方向もあり。単なる偶然、奇跡にあらず。なれば人は、宇宙の意思にて地球に

生まれ、現われて、神の導き、教えによりて、ことばを覚え、道具を作り、

自然を操る術(すべ)を授かる。

やがて人は、規則を整え、社会を作り、国を生み、そこにて人の優劣をつけ、

支配と独占、名誉と権力、人の我欲の虜(とりこ)となれり。なれど、そもまた

進化の過程。宇宙の定めし道筋ならむ。必ず通り、越えねばならぬ、幾多の

危機と困難の道。そを越えるたび、進化は進み、人は神へと近付かむ。

なだらかなるは、進化も起こらず。乗り越えなむとするときこそ、人は我を

捨て、助け合い、一段上の次元と高まる。人の進化の歴史には、幾度の崩壊、

滅亡ありき。そのとき人は神に向かい、神に救いを求めて来しを。

人の驕(おご)りは破滅の因(もと)なり。人は幾度も繰り返せる。愚かな失敗、

衰退、壊滅。築きし富も、繁栄も、もろく崩れる楼閣の如。なれど、そこより

生まれし哲学、宗教、思想は伝えられ、人の叡智(えいち)に継がれゆく。

人の真の進化の道は、遥かに遠く、永劫(えいごう)の先。我から離れて、

宇宙の意思に目覚めるときこそ、進化の完成。我欲は無にて、神を慕い、

宇宙の全てに遍在する、神の意識と一体となる。

 

 

なれど、今の人類は、己の欲のみ肥大させ、学問技術は欲に隷属(れいぞく)。

己の欲に際限なし。信仰さえも無力に等しき。曇りし目には、光は見えず。

閉ざせし耳に、ことばは響かず。神の願いは遍(あまね)く満(み)てど、

欲にふたがる心に届かず。進化は宇宙の必然なれば、幾度も危機は訪れむ。

進化を妨(さまた)ぐ、邪魔なるものは、宇宙の意思が、それを除かむ。

宇宙の彼方、遠き銀河に、遥かに高き次元あり。そこより意思は伝えられ、

地上の全てに波動を送る。宇宙の声を、祈りを聞けよ。人も宇宙の一部ならずや。

宇宙の永き歴史の中に、ようやく生まれし、地球の者よ。いまだ遅れし未熟の

御魂は、神の祈りを知らざらば、野蛮のままの御魂ならむ。

宇宙の尊き意思を知り、神の慈愛を素直に頂き、神のことばを声にせば、

御魂は浄化し、清められむ。人の進化は唯それのみ。神の視点を手に入れること。

神を知らぬは、不幸なり。人と生まれし奇(く)しき縁さえ、神の祝いを知ること

なからば、あえなく散って果てるのみ。甲斐ある生を、命を生きよ。宇宙の中に

輝けるひとつの命を成就せよ。さすれば命は進化に寄与し、永久の命と栄えなむ。

さにて本日、神の望まる進化を説きたり。己の生の指針と活かせよ。さにて。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書「神から人へ(上)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女  
「三輪の祈り(ひふみの祈り)」
http://kukurihime.blog.jp/