読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎ミロクの世・現世浄土の始まり◎

 

(新しい御世とはどのような御世なのか。新しい御世を

迎えるために人間はどのような準備をすべきなのか。)

 

神から人へ。人から神へ。

人類史上最大の危難危急の時代を迎え、

次なる御世を創世せんと、人は急ぎて協力し、集い集まり、

力を合わせ、新しき世にふさわしき、御魂(みたま)の無垢で

純粋なる、神の慈愛に素直に応え、苦難の時も、窮乏の日も、

感謝を捧げ、運命(さだめ)に任せ、神の示せし方へと従い、

神の導く教えを守り、神を知らざる縁なき者にも、

神の実在、宇宙の仕組みを、倦(う)むこともなく、説き明かし、

新しき世に幸わえる、誠の人の礎(いしずえ)となり、

めでたき御世を心に描き、あせぬ希望を胸に抱けよ。

まだ先のこと、なれど必ず訪れる、新しき世を疑うなかれ。

神の世界は次元も高く、今の地球の大方の者、多くはそこに

移るも難(かた)し。なれど心の清き者、正しき者は選ばれて、

神の恩愛、恵みによりて、御魂の次元を昇華(しょうげ)され、

新しき御世に入るを許さる。

 

 

なれば今になすべきは、少しの怠(おこた)り、余念なく、

精進昇華に努めるのみ。既に教えし数多(あまた)のことばに、

答は全て書き尽くされり。神を迎える心を築けよ。

神のことばを我が物として、神の心に思いを馳(は)せて

神の伝える神意を汲みて、己の生活、日常に、授けし教えを現わせよ。

神のことばは繰り返し、同じ教えを伝えるものなれ、

現わす人の心は様々。己の生に活かす道も、それぞれ考え工夫せよ。

 

 

御魂の鍛えは終わりなし。

この世の生の終わりまで、神の恵まる愛の証(あかし)よ。

なれば人は、恵みに応えて、次なる次元の世の前に、

少しも御魂を育み伸ばして、信ずる心を養うべし。

準備というも、その一事のみ。特別なるは一つもなし。

新しき御世の高き波動は、自ずと人を、分かち隔(へだ)てん。

残さる者と、残されぬ者、移る世界を異にする、

最後の振り分け、審判のとき。恐れは無用の、避けられぬとき。

人は自ずと分けられて、己の御魂にふさわしき、次元世界に旅立たん。

 

 

神は最後の瞬間までも、一人も多くの御魂を救い、目覚め気付きの

機会を与えて、神との縁を結びし者を、残さずともない導きたし。

神の迎える新しき世は、人の煩悩(ぼんのう)、執着を超え、

慈愛と情けの満ち溢れ、穏やかにして安らかなる、

精神世界の栄える世なり。物への執着を離れぬ者、人への憎悪の

消えぬ者、神の存在を認めぬ者は、かえりて苦しく、生き難し。

感謝と、謙虚と、素直と、愛と。心に誠の宝を持たば、神の世界は

歓び迎えん。神のことばに意味を見つけよ。己の生まれ生きる意味。

この世で働き、使命を果たし、次の世界に入るための、

備えの日々なる現世の生を、忘るなかれよ、片時も。神は人に

ことばを伝え、その一つとも人に残らば、神との縁は結ばれり。

神の許さる縁に救われ、多くの人の魂が、波動を上げて、

この世を変えなん。

地道な努力を、忍耐を、報(むく)いの少なき奉仕を積めよ。

そこそが神の最も喜ぶ、誠の人の生き方ならん。

道は既に示されり。進む戻るは おのおのに、ゆだねし選択、

決断なれば、一人一人が熟慮して、己の生を生きるべし。

本日、新しき御世のための準備について、

これまで教えしことも含めて、再度教え、説き示したり。

読みて考え、判断せよ。さにて。

 

 

 

2005年9月22日のお伝え

神の声を伝える人       
ひふみともこさんHPhttp://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/ 

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女 
「三輪の祈り・ひふみの祈り」 
http://kukurihime.blog.jp/