読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎ことばの封印を解く・次元上昇◎

   

神から人へ、人から神へ。神の教えとうらはらの、人の行い、ことばと思い。

なぜに神の心を忘れ、人の思惑、欲望、願望、さなる汚れに身を染めぬるや。

今の最後の神の願いも通じぬままにて、この世の終わりを迎えんとすか。

今の最後の神の願いを、忘れず広めて伝えてゆけよ。幾千、幾万、幾億年もの、

時を隔てど、変わらぬ思いよ。さにて本日、何を聞きたし、何を知りたし。




    
(ある方たちが、来週、菊理媛(くくりひめ)神の封印の封印を解く
とのこと

ですが、それは神様のお導きによるのでしょうか)

さてもつまらぬ問答ならずや。
神の定めしことならば、ことは迷わず進みゆく

もの。神の認めぬみ役にあらば、そは滞りしまま、進まぬものなり。

なれば、幾多の妨害ありても、神の定めは変え得ぬものなり。み役の真偽を

問うことよりも、まずは今ある行をなすべし。神の定めぬことは起こらず。

こたびの出会いも同じこと。結果を恐れずただになすべし。

なれど、封印解くは、神のご意図に外れし行い。神の定める時訪れれば、

自ずと封印解けゆくものなり。神の認めるその時くれば、神は自ら封印解かる。

なれば、人はなすべきになし。

 

  

(では今回の出会いにはどのような意味、神のご意図があったのでしょうか)

神のご意図は玉置神社の、言霊神社を知らせるためなり。なれど封印解くは、

人のなすべきことにあらねば、あやまち犯すことのなきように、必ずそれを

妨げんとす。玉置神社の言霊たちの、封印解くは、人にはあらず。神の選びし

時日を待ちて、その後、神の御自らが、現れ、それを解く定めなり。なれば

そのこと、知らせんための、神の仕組みし出会いなり。

 

  

(もしその方たちが岩戸開きをしたなら、それは神様に対する罪やご無礼に

なるのでしょうか)

神の仕組みに外れしままに、人がなしても、何も変わらず。そにて神は

罰することなし。ただ現象にて示すのみ。ことばの封印、解くには早し。

人の思惑、願いはあれど、神の世界に届くことなし。人の努力と祈りの

届き、神と人とが和すときに、神の結びし封印は、自ずと解かれて、自由と

ならん。なれば、人の祈りの足らず、神の心に適(かな)わぬうちは、

神は自ら現れもせで、天の界より待ちておらるる。なれば、神の力によらず、

人の努力と、精進要す。さにて神の聞き届けしとき、神は自ら封印、解かん。

 

  

(人間のなすべきことは、何でしょうか。また、封印を解かれたとき、

どのようなことが起こるのでしょうか) 

神の望みは人の全ての精進努力、神に捧げる奉仕と謙遜、昇華。豊かな愛と

誠の感謝。そのみを望みて、待ちておらるる。一人一人が変わらぬうちは、

何をなせども無駄なこと。神の決断、采配は、人の勝手な解釈求めず。

封印解きし後に起こるは、まずはこの世の浄めと浄化。次元上昇その前の、

全ての不浄を浄め去ること。なればそのとき汚れし者は、自ずと消され、

残ることなし。神の厳しき禊(みそ)ぎに耐えて、神の認める魂のみが、

神の浄めに耐えうるなれば、封印解くは、恐ろしきこと。あだや人の知恵や

能力で、神の封印解くは、能(あた)わず。

真の封印解き得る者は、この世の人の全ての祈りが、神に通じて、届きし後に、

神自らの決断により、全てが変わりゆくものなれば、人はあせらず待つことを

のみ。さにて心を浄め高めて、神の禊ぎに備えることのみ。

己一人が助かるようにと、願う汚れを改めるべし。神の禊ぎは厳しきもの。  

ことばの封印解かれし後は、ことばは元の言霊持ちて、汚れしことばを使う者

全てを、厳しく禊ぎて、許すことなし。なれば今よりことばを改め、清らな

言葉を、正しき言葉を、広げて禊ぎに備えてゆくべし。

 

  

(ことばの封印と「いろは」とはどのような関係があるのでしょうか)

ことばの封印解くことば、祈りが「いろは」に込められし意味。
なれば

「いろは」は、浄めを進め、神の禊ぎに耐えうる為の、神の祈りをあらわす

ものなり。なれば、「いろは」の書もしかり。文字の光は人を浄めて、

封印解かれし後の禊ぎも、きつき禊ぎとならぬためなり。

  

 

(人間が「いろは」を唱えることには、意味があるのでしょうか)

ことばの持ちし霊力により、唱える者の魂浄め、神との波長を合わせゆかん。

なれば、「いろは」を感謝を込めて、唱えることも昇華とならん。 

男と女を下ろせし神には、この世の立て替え直しのためには、男と女を共に

使いて、それぞれみ役を授けられき。そのみ役とは「いろは」と「ひふみ」。

互いに補い助け合えよ。補い合うこそ、進歩なれ、一つの完璧完全は、

それにて止まり、進歩なし。補うためには不足が必要。不足のためには対が

要るらん。 男と女も対なれば、一つの生には、完成なし。なれど性にも二つの

意味あり。男の性には男の働き女の性には女の役割。 なれば補い助け合い、

この世の救いも進みゆくもの。 祈りの中にも、言霊にも、神の願いのこめられ

ぬれば、今その意味を読み解けよ。「いろは」の願いと「ひふみ」の祈り。

この世をいかに救いてゆくか。心高めて導きゆかん。

 

 

 

三輪山より ◆ことばの封印が解けました◆2016年5月13日

                          7月7日

                          9月9日

                                                                             

ことばの封印の第1~3段階が解けました。祝詞のことばの効力が、今まで

より強くなります。更にことばを大切にし、負のことば、嘆きのことばを

発しないようにしてください

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/